神奈川県横浜市の害虫駆除事例ートコジラミ編

関東全域で害虫駆除を行うプロテクトオールの事例をご紹介します。今回は、神奈川県横浜市でトコジラミを駆除した例について、詳しくまとめました。

神奈川県横浜市におけるトコジラミの駆除事例

エリア横浜市内
害虫種別トコジラミ
被害状況戸建て(4LDK)内にて推定2年前後の被害
相談内容以前からトコジラミと思しき虫に気付いていたが、最近急に痒みが酷くなりご依頼頂きました。
駆除方法全部屋(共用部なども含む)へ虫に対して刺激のない薬剤を専用の機材でコーティング、薬剤に触れて3日前後で老化・死に至る特性の薬剤を使用しました。
駆除に掛かった期間推奨させて頂いている2回施工+1ヶ月保証のうち、2回目施工後から室内で歩く個体や痒みの症状が激減。保証期間内に収束しました。

施工したスタッフからのコメント

今回は、結果的に2年ほどの被害期間があったにも関わらず、相談者様が痒みなど実際の被害を感じたのはつい最近、という事例でした。アレルギー耐性によって、すぐには痒みを感じなかったものの、吸血され続けていることによって、痒みを感じるようになるというケースも少なくありません。

市販のトコジラミ用殺虫剤なども数多く販売されていますが、トコジラミは、隠れるのがとても上手な特性があるため、完全に駆除するのはとても難しいです。また、薬剤の刺激によって、かえって生息範囲を広く、深くしてしまうことも多いのです。

トコジラミと思しき被害に遭った場合は、まずはご相談だけでも、すぐに害虫業者にご連絡していただくことが、早期解決につながります。

トコジラミの発生による被害とは?

トコジラミは、主にベッドや布団などの寝具に潜んでおり、夜寝ている間に吸血します。夏場など、露出している部分が多い時は特に注意が必要です。

トコジラミに刺されると、赤い発疹と痒みが現れます。症状には個人差があり、最初は特に反応がなくても、次第に症状が顕著になり、夜も眠れないほどの痒みが現れます。

つい掻きむしってしまうと、皮膚に傷がつき、そこから細菌が入ることで傷口が化膿してしまう恐れも。また、しっかり睡眠がとれずに不眠症になってしまう人もいます。

症状がひどくなると、発熱を伴う症状が出ることもあるため、早めに病院に行くと良いでしょう。

かゆみや発疹が消えるまでには、1〜2週間程度かかるといわれています。

また、一般家庭ではなく、ホテルなどの宿泊施設でトコジラミが発生した場合、完全に駆除するためには害虫業者への依頼が必要です。

駆除にかかる費用や、トコジラミが発生した家具や寝具の処分・新調など、多大な経済的損失が発生します。

トコジラミはかくれんぼが得意?

トコジラミは、狭く暗い場所を好んで生息します。人が寝静まった夜に活動するため、普通に生活している分には、トコジラミが発生していることに気がつかないことがほとんどでしょう。

また、トコジラミはダニやノミと違って、不衛生な環境だから発生するというわけではありません。どんなに綺麗な状態を保っていたとしても、人や物に付着して家の中に侵入してきて、そこからどんどん繁殖してしまいます。

そのため、一番はトコジラミを家に持ち帰らないようにすることが重要です。特に旅行や出張に出かけてホテルや旅館に宿泊した際には、衣類や荷物にトコジラミが潜んでいないかを必ずチェックしましょう。

血糞の跡はトコジラミが生息しているサイン

見つけるのが難しいトコジラミですが、家の中にトコジラミが発生しているかどうかを見極めるコツがあります。それは、血糞の跡です。

トコジラミは吸血した大部分を糞として排出します。天井や壁やカーテンなどに、血が混ざった糞の汚れ跡があれば、近くにトコジラミが潜伏しているサインです。

しかし、どこに潜んでいるかを見つけるのには、専門的な知識が必要です。早期発見をして適切な対処をするためには、できるだけ早く駆除業者に相談することをおすすめします。