東京都江戸川区の害虫駆除事例 – トコジラミ編

横浜市に本社を構えているプロテクトオールは、関東全域の害虫駆除に対応しています。今回は東京都江戸川の事例について、被害状況や駆除の方法、駆除にかかった期間などを詳しくまとめました。

東京都江戸川区におけるトコジラミの駆除事例

エリア江戸川区
害虫種別トコジラミ
被害状況マンション (3LDK)
相談内容和室にてトコジラミと思しき刺され、痒みの被害があり、駆除のご依頼を頂きました。和室に隣接する洋室にも同等の量が繁殖・生息しており、痕跡から推測する被害期間は2〜3ヶ月でした。
駆除方法共用部などを含む全部屋に薬剤のコーティングを行いました。使用した薬剤は、刺激を与えて隠れたり拡散したりしないよう、虫に対して刺激の少ないものを使用。触れてから3日前後で死滅させることができる薬剤です。
駆除に掛かった期間およそ1ヶ月。
推奨させて頂いている2回施工+1ヶ月保証のうち、1回目施工後から痒みで目が覚めるなどの被害がなくなり、トコジラミを見かける数、刺される数が激減。2回目施工時以降も減り続け、保証期間中に被害がなくなりました。

施工したスタッフからのコメント

今回のご依頼主様は、最初に和室でトコジラミの被害に遭いました。しかし、和室は確かに隠れ場所が多く繁殖しやすいものの、トコジラミは凄まじい勢いで繁殖するため、他の部屋にも被害が及んでいました。トコジラミは、発生場所と隣接している部屋だけでなく、その部屋と玄関をつなぐ経路上に潜んでいる可能性も非常に高いのです。

また、トコジラミは外出先から持ち帰ってしまうことで、家の中に入り込み、繁殖していきます。一度トコジラミが家の中に入り込んでしまうと、拡散を防ぐのは難しいもの。外出先から家に持ち込まないように注意することが、トコジラミの被害に遭わないためにできる最善の方法だといえます。

家にトコジラミを持ち込まないようにするには

トコジラミはほとんどの場合、衣類やバッグ、靴など、物に付着した状態で家の中に持ち込まれてしまいます。実は、トコジラミの羽は退化しているため、窓や玄関から飛んで入ってくるということはないのです。

特に多いのが、海外旅行先で泊まったホテルから持ち帰ってしまう例。1970年代頃、一度は絶滅したと考えられているトコジラミですが、最近は日本から海外旅行に行く人も、仕事で海外から日本を訪れる人も増えており、それに伴ってトコジラミの被害も増加しています。

被害を防ぐためには、早期発見が重要です。海外旅行に行った際には、家に入る前に荷物をしっかり調べて、トコジラミの血糞や脱皮殻がついていないかを確認しましょう。

トコジラミは熱に弱いという性質があるため、衣類やバッグなどにスチームアイロンや布団乾燥機をかけるのも効果的です。

トコジラミの被害を最小限に抑える方法

トコジラミは驚異の繁殖力を持つ害虫です。家の中でトコジラミを見つけたら、被害の広がりを防ぐための行動を取りましょう。

トコジラミは、物に付着したり、卵を産み付けたりすることで生息場所を拡げていきます。そのため、発生を確認した部屋に置いてあった家具や衣類、本などはできるだけ移動しないようにしましょう。

どうしても移動しなければいけない場合は、殺虫剤などを使用してトコジラミが付着していないことを確認してください。

自宅での被害の場合、掃除機で吸い取る、殺虫剤を使う、スチームアイロンなどの熱を利用するという方法がありますが、家のあちこちに潜んでいるトコジラミを根絶させるのはなかなか難しいもの。また下手に刺激を与えると逃げてしまうため、より被害が拡大してしまう恐れもあります。

トコジラミの被害を最小限に抑えるためには、専門の知識を持った害虫駆除業者へのご相談がおすすめです。