東京都台東区の害虫駆除事例 – トコジラミ編

プロテクトオールの拠点は横浜市にありますが、神奈川・東京をはじめ関東全域を対象に害虫・害獣駆除を請け負っています。

今回は、東京都台東区で発生したトコジラミの駆除事例をピックアップし、相談内容や駆除の方法、根絶までに掛かった期間をご紹介します。

東京都台東区におけるトコジラミの駆除事例

エリア東京都台東区
害虫種別トコジラミ
被害状況マンション (3LDK)
相談内容強い痒みに悩まされ、皮膚科に通院をしていたが、一向に治らなかった。2年ほど耐えた挙句に、ようやくトコジラミ被害だとわかった。可能な限り早く駆除したい。
駆除方法廊下やリビングを含む全居住空間に、専用の特殊機材を使って薬品を塗布。薬品には、人に対してはほぼ無害だが、トコジラミが触れると3日前後で老化・死に至る成分が含まれている。ただし刺激性はないため、トコジラミが隠れたり、拡散することはない。
駆除に掛かった期間およそ1ヶ月

施工したスタッフからのコメント

弊社がおすすめしているプラン(2回施工+1ヶ月保証)にて施工を実施しました。初回実施から日が経つにつれて被害が減った兆候が見られ、2回目実施後から20日も待たず被害の消失を確認。保証期間を過ぎた後も、問題なく過ごせているとのことです。

お客様はお部屋を綺麗に整理・整頓されており、また小まめに清掃も行っていたとのことで、2年に及ぶ期間の割りに被害は非常に少ないものでした。

ただトコジラミは、そんな綺麗好きのお客様の住宅内でも、一度侵入を許しただけで簡単に増殖します。しかも、ほとんどの市販の薬剤に耐性を持っているため、ご自身で根絶するのは非常に難しい課題となります。

早期の対策が鍵となりますので、「心当たりのない強い痒みに悩んでいる」「見覚えのない虫を見かけた」ということがあれば、迷わずご相談ください。

ちなみに本案件は当初、床置きの荷物等が少ないことや表に見える痕跡などから、最大でも半年程度の被害状況だろうと見積もっておりました。しかし、よくよく確認してみると、はば木の隙間から床材の下に逃げ隠れしているものが多い印象を受けました。

フンや抜け殻などの痕跡も同様に床下に多いと推測し、お客様に「被害を感じ始めたのが2年前」とお伺いしなければ被害状況を見誤っていたほどでした。

デリケートな内容だけに話しにくい部分もあるかと思います。ただ確実に根絶するためにも、駆除業者に相談されるときには現在の被害状況に加え、いつからどういう被害が始まったのかも共有されることをおすすめします。

トコジラミのここが怖い

トコジラミは、5〜8ミリほどの大きさの、平たい体の昆虫です。

暗闇を好み、夜間になると寝息(二酸化炭素)を頼りに人に這い上がって、露出している場所を狙って血を吸います。

痛みはないのですが、吸血時に注入される体液はアレルギー反応による激しい痒みを引き起こします。

吸血時間はせいぜい10〜20分ほどですし、刺されても痛みはありませんから、その場で気づくことはまずできません。

痒みが引き起こされるまでの時間は、刺された回数や体質によってまちまちです。ただいずれにせよ起床後のことで、トコジラミは隠れ家に戻っています。

しかも、痒みがあるからといってトコジラミ被害を疑う人は少数派。多くは、ダニやノミ、蚊といった害虫をまず疑うでしょう。

ここ二十年前後の間に、トコジラミはピレスロイド系と呼ばれる殺虫成分に対する耐性を獲得しました。全個体ではありませんが、相当数のトコジラミには、市販の殺虫剤が効きにくい傾向があります。

ダニ・ノミ対策をしてよしとしている間にトコジラミが繁殖していた、というのは意外に少なくないケースです。

だからこそ、早めに兆候を察知して行動を起こすことが大切です。

トコジラミはどこに隠れるのか

トコジラミは、平たく小さい体を活かして、隙間という隙間に隠れます。たとえば以下のような箇所です。

  • ベッドマットや布団の縫い目
  • 畳の目・縁の中
  • カーテンのひだの中
  • 書籍の隙間
  • タンスやデスクの引き出しの中
  • コンセントの中
  • カーペットなど、敷物の下
  • テーブルの裏
  • 掛け時計や絵画などの裏
  • はば木の中
  • テレビの隙間

注目したいのは、トコジラミが残す痕跡です。血液だけを栄養源とするため、トコジラミは黒インクのシミのようにも見えるフンをします。また、成長する過程で脱皮するため、隠れ場所の近くには抜け殻が落ちていることが多いです。

こうした痕跡を辿りながら近くの隙間を探っていくと、トコジラミの隠れ場所を発見できるでしょう。

就寝中など、人が無防備な時間を狙って血を吸いますから、隠れ家は寝室にあることが多いです。ただ下手に刺激をすると、逃げ出してさらに被害が拡大しないとも限りません。

もしトコジラミ被害が間違いないと確信できたら、業者による駆除が完了するまで、別の場所で眠ることをおすすめします。