自宅内にアリが発生した場合

自宅にいつの間にか入り込んでいるアリ。屋内で発生すると駆除が大変な害虫でもあります。
一匹のアリは小さくても、集団で行動するために油断ができないのです。

ここでは、自宅内にアリが発生した場合の対処法をご紹介します。
一匹しか見かけなくても、アリはすぐに駆除を始めるべき害虫です。

1.アリの進入路を見つけ、入り口を塞ぐ

自宅内でアリを見かけたら、まずアリの侵入経路を確認しましょう。
すぐにアリを捕まえてしまいたくなりますが、グッと我慢してアリがどこから自宅に入ってくるのかを見つける事が大切です。

アリはとても小さい害虫なので、窓枠やドア枠等にできた隙間から屋内に侵入してきますし、網戸の破れから入ってくる事もあります。
よく見なければ分からないような場所から入ってくるので、アリが歩くのについていき、侵入口を見つけることが最初の一歩です。

アリの進入路がわかったら、すぐに対処しましょう。
アリが入り込んできた小さな亀裂や隙間をコーキング剤やパテなどで完全に塞ぎます。

ガムテープや布テープを貼って穴を塞ぐのは手軽な方法ですが、あまりお勧め出来ません。
経年劣化でテープが剥がれてしまうと再び同じ経路から侵入して来る事になりますから、しっかり塞げる素材を使うのがポイントです。

2.酢や熱湯、アルコールで床を拭く

アリの道筋を消してしまうのも、非常に有効な方法です。具体的には以下の4つの方法があります。

1.酢で床を拭く
2.熱湯で床を拭く
3.アルコールで床を拭く
4.ミントなどハーブ系の匂いのあるもので床を拭く

いずれも、アリの出す臭いを消すことが目的です。アリは群れで同じルートをたどって侵入します。
これはアリの身体から出る「蟻酸(ぎさん)」という酸がガイドラインになっているからです。

アリは蟻酸を追跡して食料のある場所まで間違わずに進みますから、蟻酸の匂いを消してしまうことで蟻の集団侵入を防げるのです。

何をやっても効果がない…専門の害虫駆除業者に依頼を

アリの侵入経路を塞ぎ、蟻酸の臭いを消したら、後はアリの餌になるものを屋内から除去しましょう。
アリは甘い物やお菓子屑、半分飲んだジュースの缶の匂いなどに引き寄せられて、屋内に侵入します。

ですからアリを防ぎたいのなら、甘い物を出したまま放置せず、台所の掃除とゴミ捨てを徹底することが基本です。
しかし、これだけの対策をしてもどうしてもアリを駆除できないときは、専門家の害虫駆除業を依頼しましょう。

小さくても一匹でもアリのいる自宅に安心して住むことはできませんし、アリが入り込む事が出来るなら、他の害虫が自宅に侵入して来る可能性もあります。
プロの害虫駆除業者による徹底的な害虫駆除が、最も有効な方法です。