鉄筋コンクリートのホテル・旅館でも対策が必要なシロアリ

シロアリ被害と聞くと、木造住宅の被害だと思うかもしれません。
しかしシロアリは鉄筋コンクリート造りのホテルや旅館、オフィスビル等でも甚大な被害を及ぼす事があります。

ここでは「鉄筋コンクリートの建物内部を食い荒らすシロアリ」「オフィスビル・マンションも要注意」という2点からシロアリ被害と害虫駆除について御説明しましょう。
鉄筋コンクリートの建物だから大丈夫と断言できない点が、シロアリの恐ろしい点なのです。

鉄筋コンクリートのホテルも食い荒らす害虫・シロアリ

実はシロアリは、木材だけでなくプラスチックや合成ゴム等も食い荒らす困った害虫です。
鉄筋コンクリート作りの建物というのは、鉄筋とコンクリートだけで出来ているわけではありません。

ホテルや旅館の場合は内装に木材が使用されている場合がありますし、畳も要注意。
旅館の場合、建物の大部分が鉄筋コンクリートであっても、玄関框や敷居、屋内の幅木等は木材ですからシロアリ被害が発生する可能性は高いのです。

シロアリはごくごく小さな隙間から屋内に侵入し、床下に潜んでいつの間にか木材部分を食い荒らしていきます。
鉄筋コンクリート造りのホテルや旅館であっても、シロアリ被害には注意が必要でしょう。

オフィスビル・マンションも注意が必要

ホテルや旅館と同様に、鉄筋コンクリート造りのオフィスビル、マンションもシロアリ被害にあう可能性があります。
シロアリは湿気があり、風通しの悪い場所を好みます。
オフィスビルやマンションでいえば、キッチンや洗面所、トイレ、給湯室のシンクなどの水回りが大好きな場所なのです。

またオフィスビルやマンションの屋内は、自然界と違ってシロアリを食べる天敵が居ません。
シロアリから見ればオフィスビルやマンションは安全で、生息・繁殖しやすい場所なのです。

シロアリ被害を予防しようと思うなら、まず換気をしっかりと行いましょう。
特に水回りに湿気が籠らないようにして、シロアリが住みにくい環境を作るのが大前提です。

シロアリの害虫駆除は専門家へ依頼

シロアリの予防に努めたが、屋内に入り込まれてしまったという場合は、専門業者に害虫駆除を依頼するのがベストな方法です。

シロアリ駆除には薬剤を使用する方法と、毒餌を使用する「ベイト」という豊富があります。
ベイトは薬剤を使用しないために通常の営業を続けながらシロアリ駆除ができるのがメリット。

ただし即効性がない為、急いでシロアリ対策をしたい場合は薬剤を使用するのが良いでしょう。
状況によって駆除方法を使い分け、シロアリ駆除後も定期的にチェックを続けていく事が重要です。