賃貸アパートで発生したダニの効果的な駆除方法

ダニが大発生した場合、まず思いつくのは、バルサンなど市販の燻蒸剤による駆除でしょう。

しかし居住空間が密集している賃貸アパートだと、隣家の迷惑になるのではないかと不安に思ってしまいますよね。

また、ダニが湧いたのだと周囲に知られてしまう可能性もあり、抵抗を覚える人も多いことでしょう。

今回は、そんな賃貸アパートにおけるダニ駆除の基本知識を解説したいと思います。

ダニが大量発生したら、まずはアパートの管理会社に相談

アパートに限らず、賃貸物件の入居者は民法第400条に定められた「善良なる管理者の注意義務」、通称善管注意義務を果たさなければなりません。

そのためダニの発生は自分の責任と考え、個人で対応しようと考える人も多いです。

被害が小さく、対応できる範囲ならよいのですが、ダニが大量発生している場合はアパートの別の場所に原因がある可能性も考えられます。

また、入居から日が浅い場合は、自身には過失のない問題がダニの発生要因となっているかもしれません。

個人で収拾がつかない、どうしたらいいのかわらかない、という時は、まずアパートの管理人、ないし管理会社に相談してみることをおすすめします。

被害状況を共有し、他に苦情が出ていないか、以前にこういったトラブルがなかったか等を確認しましょう。

管理会社が対応するのか個人が対応するのか。駆除業者を入れるのか入れないのか。細かい段取りは、管理会社の方針や被害状況によって異なります。

自身が納得できる方法で事態が収まるよう、しっかり話し合いをすることが大切です。

アパートでも使いやすいおすすめのダニ駆除アイテム

もし自分でダニを駆除しなければならないようであれば、以下のような駆除アイテムを活用されるとよいでしょう。アパートのように限られた空間でも、比較的使いやすいはずです。

ダニアースレッド ノンスモーク霧タイプ マンション・アパート用 6~8畳用

メーカーアース製薬
特徴三系統の殺虫成分を配合した、主に屋内塵性ダニ類をターゲットとする殺虫剤。煙が出ないため、賃貸物件でも気軽に使えます。
有効成分フェノトリン(ピレスロイド系)0.83g、メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)0.13g、アミドフルメト(トリフルオロメタンスルホンアミド系
公式サイトhttps://www.earth.jp/products/earth-red-dani-nonsmoke-6-8/

バルサンプロEX ノンスモーク霧タイプ 93g

メーカーレック
特徴バルサンプロEXは、数あるバルサンブランドの製品の中でも、最強の効き目を持つシリーズ。霧タイプの本製品は、煙や熱を発さないため、アパートなどでの使用に向いています。
有効成分メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)、フェノトリン(ピレスロイド系)、d・d-T-シフェノトリン(ピレスロイド系)
公式サイトhttps://varsan.jp/products/varsan/4580543940217/

アクセススチーム プラス

メーカーT-fal
特徴T-falが手掛けるスチームアイロンです。メインはアイロンですが、高温の大量スチームには高いダニ駆除効果があり、本製品でもメーカーの試験環境では99%以上の殺ダニ効果が認められています。洗濯に手間が掛かる寝具やカーペット、クッションなどにも、手軽に使える点が大きな魅力です。
公式サイトhttps://www.t-fal.co.jp/products/linen-care/garmentsteamers/accesssteam_plus/

駆除効果を高めるために気をつけたいこと

害虫駆除で重要なのは、効果のある薬剤を、効果のあるやり方で使うことです。

たとえば燻蒸剤は、確かに広範囲に効果が見込めますが、障害物が多いと隅々まで行き渡らず、効果が半減します。また、範囲が広いぶん、厚い布繊維や割れ目などの奥に隠れている個体・卵を駆除しきれないことも少なくありません。

説明書きに沿って正しく使い、また発生状況などを見ながら段階的に処理していくことが大切です。

ほか、気をつけたいのがダニと他の害虫を間違えてしまうことです。特に近年全国的に被害を拡大しているトコジラミは、殺虫剤に耐性を持っている個体が多いため、注意したい存在です。

効果のない対策をしているうちに被害が拡大しないとも限りません。もし被害を出している害虫がダニだと確信できない場合は、自身で対策をする前に、駆除業者や自治体の保健所などに相談することをおすすめします。