効果的なダニの駆除方法とは【マンション編】

刺されると発疹が出たり、アレルギー症状を引き起こしたりするダニ。様々な経路から家の中に侵入して、部屋の中でどんどん繁殖してしまいます。

このページでは、マンションでダニが発生した時の駆除方法をご紹介します。また、引越ししてすぐなど、ダニの発生を防ぐためにやっておきたい予防と対策についても解説していきます。

マンションで出たダニを駆除する3つの方法

ダニを駆除するにはどんな方法があるのでしょうか。4つの方法について、それぞれ特徴を見ていきましょう。

殺虫剤

ドラッグストアなどで売られている殺虫剤。燻煙タイプ、スプレータイプ、粉末タイプ、置き型などいくつか種類があるため、場所に合わせて選ぶと良いでしょう。

部屋中のダニを一気に駆除したいなら燻煙タイプがおすすめ。電化製品などをカバーで覆う手間はかかりますが、広範囲のダニを一気に駆除できます。

ソファや布団にはスプレータイプ、カーペットや畳には粉末タイプの殺虫剤がおすすめです。

布団乾燥機

ダニは、熱に弱いという特徴があります。そのため、布団乾燥機で温風を当てることでダメージを与えて駆除する方法もあります。

布団はもちろん、カーテンやぬいぐるみについたダニを駆除する時にも便利。なかにはダニを駆除するモードが搭載されているモデルも。

掃除機

布団や枕、カーペットに潜むダニは掃除機で吸い取ってしまうのも一つの手です。布団専用のクリーナーもありますが、普通の掃除機でも問題ありません。

ただし、奥に潜むダニは普通に掃除機をかけるだけでは吸い取ることができません。掃除機をかける前に殺虫剤や布団乾燥機、天日干しでダニを死滅させる、布団叩きなどで叩いてダニを表面に浮き上がらせるなどの工夫が必要です。

予防と対策!マンションでダニの発生を防ぐコツ

マンションでダニが発生するのを防ぐために、普段からやっておきたい3つのことを解説します。

こまめな掃除で部屋を清潔に保つ

ダニは、ホコリや人間のフケ・アカなどをエサにして繁殖します。そのため、まずはダニのエサを増やさないよう、部屋を清潔に保つことが大切です。こまめな掃除を心がけましょう。

テーブルの下の食べこぼしや家具の隙間のホコリなど、見落としがちな場所は事前にピックアップして、掃除をし忘れることがないようにしておくと安心です。

部屋の湿度を下げる

ダニは、温度が20〜30度、湿度が60〜80%の環境を好みます。

高温多湿となる6月〜8月頃はダニの繁殖時期といわれていますが、気密性が高いマンションは湿度が上がりやすく、季節問わずダニが繁殖しやすい環境です。

部屋の湿度が上がりすぎている場合は、窓を開けて換気をしたり、エアコンの除湿機能を使ったりして、湿度を調整するようにしましょう。

布製品は定期的に干す

餌となるものが多く、湿度がこもりやすいベッドやソファなどの布製品はダニが発生しやすい場所です。定期的に洗濯や天日干しをして、ダニが発生しにくい環境を作るようにしましょう。

また、ダニ防止加工がされた布団やシーツを選ぶ、布団やカーペットの下にはダニ取りシートを置くなどの対策も効果的です。

マンションの共有部でダニが発生したら?

マンションのエントランスやエレベーター、廊下などでダニが発生した場合、基本的には大家さんや管理会社が対応します。賃貸、分譲に関わらず管理費や共用費を払っていれば、駆除してもらうことが可能です。

ただし、物件によっては対応してもらえない場合もあるため、賃貸契約書を確認し、直接問い合わせてみると良いでしょう。

共有部分に発生したダニを放っておくと、さらに被害が広がったり、衣類や靴などに付着して家の中に持ち帰ってしまったりする恐れがあるため、、気づいたらすぐに大家さんや管理会社に相談することをおすすめします。