気温25度が要注意ライン!ダニが発生する時期と気温の関係

布団やベッド等の寝具に発生しやすいダニ。ダニの発生は気温と大きく関係しています。
春になり気温が上がり始めると寝具やソファ、カーペット等に生息しているダニの繁殖も活発化。

大発生して甚大な被害をもたらします。ここでは「ダニが増え始める気温」と「ダニ被害の大きさ」を御説明しましょう。
気温25度が要注意ラインと言われますので、春を迎えたらすぐに危険シーズンに突入するのです。

5月になればもう、ダニ大発生のシーズン

ダニの繁殖時期は、一般的に6~8月がピークだと言われます。
ダニは高温多湿の環境が大好きな害虫で、気温が上がると活発に活動して繁殖スピードも上がります。

ダニは孵化から成虫になるまでに約40日しかかからず、しかもその間に100個もの卵を産むという繁殖力の高い害虫です。

最高気温が25度を超える5月頃には、ダニ大繁殖に適した環境が出来ることになり、ハウスダスト1gの中に約300匹のダニが居ると言われます。
そのまま気温とともにダニの繁殖スピードも上昇し続け、7月にはハウスダスト1gの中に、約900匹ものダニが居ると言うのです。

ダニの驚異的な繁殖力は気温とともにますますパワーアップし、すぐに駆除が追い付かない状態になります。

気温25度・湿度60%でダニの大発生が開始

ダニは温度が20~30度、湿度60%で一気に繁殖が始まります。
6月のダニ発生ピークまでまだまだ余裕がある…と考えるのは大きな間違いで、5月には気温が25度に達する日が多いですし、気密性の高い屋内では3月下旬の深夜でも室温は24度程になります。

ダニの大発生シーズンまで、全く猶予がない状況なのです。
ダニには複数の種類があり、皮膚炎を引き起こすイエダニ、塵や埃の中で生きるチリダニ(ヒョウダニとも言う)などが居ます。

最近大きな問題となっている喘息やアレルギーの主な原因は、埃とダニだと言われます。
とくに塵・埃の中で増えるチリダニは死骸や糞等がアレルギーの原因=アレルゲンになります。

小さなお子さんや元々アレルギー体質の家族が居るご家庭では、早急にダニ駆除をしてアレルゲンそのものも除去する必要があるのです。

ダニの大繁殖前に対策を取りましょう

人間が住む屋内はダニが大繁殖する条件が揃っています。
温かくて適度に湿気があり、しかも埃や塵、人間の皮膚クズ等、餌になる物も豊富にある為いったん繁殖が始まると寝具の天日干しや洗濯だけでは駆除が難しいです。

ダニは寝具の洗濯だけでは死なない事が分かっていますし、掃除機で吸い取れるのは死骸だけです。
ダニの大繁殖前に適切な対策を取ることで安心して夏を迎えられるでしょう。