布団の天日干しではダニは死なない?

ダニはどれほど屋内を清潔に維持していても、少しは発生してくる害虫です。
重要なのはいかにダニの大発生を防いで、ダニの少ない状態のままにしておくかという事。

ダニの数を減らす為に推奨されているのが「布団の天日干し」です。ここでは「天日干し・布団乾燥機が効果のある理由」と「天日干し後の掃除機の重要性」について紹介します。
天日干しにも一定の効果はあるのです。

天日干しで布団の湿度を下げて、乾燥させる

ダニはカーペットや布製ソファ等に多く生息していますが、特に布団には数多く潜んでいます。
アレルギーの原因ともなるダニを死滅させるには、50度以上の熱に数十分あてる必要がありますが、日光による天日干しではなかなか布団全体を50度以上にする事は出来ません。

それでも天日干しをする事で布団がしっかり乾燥しますから、布団内部の湿度を低くする事が出来、湿気を好むダニの繁殖を少しでも防ぐ事が可能なのです。
マンション等に住んでいて高温の日光の下で天日干しをする事が出来ない場合は、布団乾燥機を利用しましょう。

最近はダニ対策モードのある布団乾燥機が増えていますから、ボタンを押すだけで布団の中がダニ死滅温度まで上がります。
また超高温衣類スチーマーの使用も、布団のダニを減らす効果が期待できる方法です。

しかし布団の天日干しや布団乾燥機、衣類スチーマーを利用するだけではダニ被害を減らすことはできません。
重要なのは天日干しと乾燥後の「掃除機」なのです。

ダニの死骸や糞を掃除機で吸い取る

ダニ被害は大きく二種類に分かれます。一つはダニに刺されて痒みが発生する事、もう一つはアレルギーです。
人間を直接刺すのは「生きているダニ」で、アレルギーの原因となるのは「死んだダニ」です。

ダニの死骸や布団内に残った糞がアレルギーを引き起こす原因だと言われています。
生きているダニとともにダニの死骸や糞も同時に除去しなければ、ダニ被害を防ぐ事はできません。

その為、布団の天日干しや布団乾燥機の利用後は必ず掃除機で布団表面をしっかりと吸い取り、表面に出てきたダニの死骸・糞を取り除く作業が重要です。
天日干し+掃除機の二段構えで、ダニ被害が軽減すると言われているのです。

自宅でのダニ対策

ダニの被害は痒みだけでなくアレルギーも引き起こします。
どれだけ布団を乾燥させ、定期的に天日干しや布団乾燥機にかけてもダニ除去が完全ではないケースがありますが、春から夏、秋までのダニ繁殖シーズンは特に気をつけて対策することが必要です。