アレルギーの原因?害虫とアレルギーの関係

アレルギーの原因物質は多岐に渡り、食べ物や花粉、埃(ハウスダスト)が有名です。
さらに害虫のダニもアレルギーの原因となり、ダニアレルギーでは呼吸器や皮膚の症状が出現します。

ここでは「害虫とアレルギー」の関係について御説明しましょう。
身近な害虫であるダニ類等は、深刻なアレルギーの原因ともなる虫なのです。

害虫はアレルギーの原因となり得る

人間の生活を脅かす害虫は、実はアレルギーの原因物質でもあります。
寝具やベッドで繁殖しやすいヒョウヒダニ(チリダニ)は、死骸や糞が肺や呼吸器に影響を及ぼして鼻水やくしゃみ等のアレルギー性鼻炎を引き起こします。

また痒みのある湿疹が長期間続くアトピー性皮膚炎も、ダニやカビ、埃(ハウスダスト)が原因。
ヒョウヒダニの餌は人間のフケや埃(ハウスダスト)ですから、埃っぽい環境はハウスダストとダニアレルギーの両方を誘引する条件です。

和室等によく発生するチャタテムシも、アトピー型喘息の原因の一つと言われています。チャタテムシもヒョウヒダニも人を刺すことはありませんが、アレルギーの原因となって人間の生活に悪影響を及ぼします。

埃(ハウスダスト)と害虫、アレルギーの関係

埃(ハウスダスト)やダニが引き起こすアレルギー症状は主に以下の4つです。

●1.アレルギー性鼻炎
2.アレルギー性結膜炎
3.アトピー性皮膚炎
4.気管支喘息

ダニアレルギーではダニの死骸や糞が非常に細かくなって体内に入り込み、鼻炎や皮膚炎や喘息の原因となります。
対策としては、定期的なダニ駆除に加えて、駆除後に掃除機で屋内や布団等の寝具に残ったダニの死骸と糞を除去する事が大切です。

ダニはどれほど掃除を徹底しても屋内で少しは生息しており、完全に除去するのは難しい害虫。
その為アレルギー対策では、定期的な駆除と駆除後に「ダニが増えない環境を維持」していく事がポイントです。

小さいお子様が居るご家庭の注意点

小さなお子様が居るご家庭では特にダニ駆除・埃の除去を行い、「気管支喘息」に注意しましょう。
気管支喘息ではアレルゲンを吸い込んだ事が原因で、気管支がアレルギー反応を起こして気道が狭くなってしまいます。
気道が狭いために呼吸がスムーズに行われず、呼吸時にゼイゼイ、ヒューヒューと言う音がします。

原因はダニ、埃(ハウスダスト)、ペットのフケ、カビだと言われており、進行するとちょっとした刺激で喘息発作が起こりやすくなります。
こまめな清掃とダニ駆除等でアレルゲンを減らす事を心がけましょう。