放っておくと危険。ダニに刺された後の治し方

梅雨の時期になると、朝起きてみると虫に刺された赤い痕が残っている事はありませんか?
屋内には様々な害虫がいますが、寝具に生息して人を刺す虫は「ダニ」が多いのです。

ここでは「ダニに刺された後の症状」「ダニ刺され後の対処法」をご紹介します。
ダニに刺された痕は治し方を間違えると、黒っぽい虫刺され痕になって長く残ることもあります。

注意すべき点を覚えておきましょう。

ダニに刺された後の症状

布団や枕等の寝具に生息しているダニは、主にコナダニ・ツメダニと言う種類です。
コナダニはツメダニの餌になるダニで、ツメダニは基本的には人を刺す事のない虫ですが偶発的に刺してしまう事があります。

ツメダニに刺されると体幹や手足の近くに赤い虫刺され痕が出来ます。
痒みは非常に強く、一週間ほども続く事があるので、その間にダニ刺され痕を掻き壊してしまうケースが見られます。

掻き壊してしまうとますます痒さが強まって掻くのが止められず、最悪の場合は掻き壊し部分から細菌が入り、化膿する事もあります。
またダニに刺された跡が治っても黒い痕が残る場合があるので要注意です。

ダニ刺され後の対処法

では、ダニに刺された後はどのように対処するのがいいのでしょうか。
まずは清潔な水で赤くなったダニ刺され痕をきれいに洗い、それからステロイド外用薬を塗布して痒みを抑えましょう。

ダニに刺された後に起きる痒みは「遅延性アレルギー」で、一般的には刺された後の1~2日後から強い痒みが始まります。
この時、痒さに我慢できずに掻いてしまう事が強い刺激になって、さらに痒みを招く…この悪循環を止めるためにはステロイド外用薬で、痒みを止めるのが一番なのです。

ダニ刺され痕に効果があるステロイド外用薬は薬局やドラッグストアなどで購入できますが、痒みが強くて痛みや腫れがある場合は、皮膚科に行くのがお勧めです。

ダニに刺された痕を残さないケア方法

ダニに刺された後、黒っぽい「虫刺され痕」を残さないためには「炎症後色素沈着」を防ぐ事が肝心です。
「炎症後色素沈着」とは、ダニなどに刺された傷を治すために皮膚が過剰にメラニンを作り、皮膚にシミとなって沈着する事です。

ただダニに刺されただけなら色素沈着を起こす事は殆どありませんが、掻き壊しから二次的な細菌感染や炎症を起こしてしまうとメラニンの過剰生成が起きて黒い痕が残ります。
掻き壊しを防ぐ為にはステロイド外用薬の使用の他に、入浴時は低温の湯やシャワーにして皮膚への刺激を最小限とする事も重要。

さらにどうしても痒みが止まらないと言う場合は皮膚科で市販薬よりもやや効き目の強い薬を処方してもらいましょう。