可愛くても危険!ぬいぐるみはダニの住処になっていることも

小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、ぬいぐるみが置いてあるでしょう。
とても可愛い玩具なのですが、ぬいぐるみの布地や内部の詰め物にはダニが発生しているかもしれません。

ここでは「ぬいぐるみのダニを増やさない為のクリーニング方法」や、「ぬいぐるみをきれいにした後の状態を維持する方法」をご紹介します。
ぬいぐるみは小さな子供さんが触れることが多い物です。

ダニの少ない状態をキープするように心掛けましょう。

可愛いぬいぐるみはダニの生息に最適な場所

家の中でダニが多く生息している所と言えば布団等の寝具ですが、ぬいぐるみもダニの生息には最適な場所です。
ぬいぐるみはただ飾っておくだけでなく、子供さんが持って歩いたり顔をくっつけたり、時には口に入れたりする事が多く、人間の皮膚や垢を主な餌とするダニが繁殖する条件が揃っているのです。

さらにリビングや寝室に置いてあるぬいぐるみは、ダニが爆発的に増殖する「気温25℃、湿度60%」と言う条件も揃いやすい環境にあります。
一見するときれいに見えるぬいぐるみでも、表面や内部でダニが繁殖している可能性が非常に高いため、定期的なクリーニングがお勧めです。

ダニを退治する!ぬいぐるみのクリーニング方法

では、ダニを退治するためのぬいぐるみクリーニング方法はどんなものでしょうか。
まずダニ駆除用のスプレーなどの薬剤をしっかりと噴霧して、生きているダニを駆除します。

続いて掃除機などでダニの死骸・糞を吸い取ります。

この他に、ぬいぐるみを洗濯機で洗った後は50℃以上の乾燥機でダニを死滅させる方法も有効な方法。
ダニは50度以上の熱に耐えられませんから乾燥機でしっかりと加熱処理し、その後は掃除機で死骸を吸い取ります。

ダニの場合は死骸や糞が残ったダニの餌になったり、アレルギーを引き起こす要因になったりしますので、退治後の掃除機が欠かせません。
ぬいぐるみ表面にしっかりと掃除機をかけてダニの死骸や糞も除去しましょう。

ぬいぐるみ内のダニを少なくしておくコツ

乾燥器やダニ駆除スプレーでダニの数を減らしたら、後はダニの少ない状態を維持しましょう。
こまめにダニスプレーをして掃除機をかける、定期的に洗濯をしてから高温で乾燥させる事を繰り返して、ぬいぐるみをダニの少ない状態でキープしておくのです。

ちなみに、ぬいぐるみにダニスプレーをしたら1時間ほど置いて掃除機をかけるのがお勧め。
薬剤の噴霧後、ダニが死んだタイミングで死骸を吸い取るのがより効果的です。