重曹がトコジラミに効く?押さえておきたい嘘・ホント

トコジラミは、自力での駆除が難しい害虫として知られています。

1970年代に根絶寸前までいったものの、ピレスロイド系と呼ばれる殺虫成分(市販の殺虫剤のほとんどに含まれる成分)に対して遺伝的耐性を獲得。世界的に被害を拡大し、日本でも、ほとんどの個体がその特性を獲得したものに置き換わりつつあります。

そんなトコジラミをDIYで駆除する方法として、まことしやかに囁かれる重曹を使った対策。果たして本当に殺虫効果が見込めるのか、解説してみたいと思います。

重曹がトコジラミの駆除に効果的とされる理由

重曹は、重炭酸ナトリウムと呼ばれる塩化化合物です。名前は物々しいですが、料理やお掃除で使われることも多く、家庭に常備している人も少なくありません。

人が食べても、肌に触れても何のトラブルも起こさないこの重曹が、なぜトコジラミを駆除するのに役立つと考えられているのでしょうか。

その理由としてよく挙げられるのは、主に以下の3つです。

体内で分解された際に発生するガスで破裂する

重曹は熱によって、水、二酸化炭素、炭酸ナトリウムに分解されます。

トコジラミを始めとする害虫の体内に重曹が入ると、この分解によって消化管に二酸化炭素が放出され、やがて内側から破裂。死亡するのではないかと考えられています。

鋭い結晶が外骨格を傷つける

重曹の結晶は、ミクロのレベルでは非常に鋭いものです。

この中を害虫が動き回ると、外骨格、特に柔らかい下腹部に傷がつき、そのダメージが蓄積して死に至るのではないかと考えられています。

水分を吸い取る

重曹は塩分を含んでおり、消臭剤や除湿剤としても使われます。

害虫が重曹に触れると、その体からも水分を吸い取ってしまうため、脱水症状によって死亡、ないし弱体化させることが見込めます。

重曹にはトコジラミを殺す作用が見込めるのか?

結論から言えば、重曹でトコジラミを駆除するのは、不可能とは言わないまでも非常に難しいと考えられます。

まず重曹を食べたトコジラミや害虫の体内で二酸化炭素が発生し、体が破裂する、という説ですが、そもそもトコジラミは血液以外を摂取しません。物理的には可能性があるかもしれませんが、トコジラミの口の大きさや栄養源が血液のみであることを考えると、その効果は疑わしいと言わざるを得ないでしょう。

また、重曹の鋭い粒子がトコジラミの体に傷をつける、という説ですが、外骨格に傷が付いたからと言って、死亡するほどのダメージが蓄積することはほとんど考えられません。重曹であろうとガラスの破片であろうと、トコジラミが活動を停止するほどのダメージを与えることは難しいでしょう。

脱水に関しては、重曹で体がすっかり埋もれるほどであれば、効果が見込めるかもしれません。ただ、周辺に撒いておく程度では、やはり駆除することは難しいと考えられます。

早期に専門家に相談することが大切

重曹も、条件さえ整えればトコジラミの活動を抑止する効果はあるでしょう。ただその条件を整えるのは、極めて難しいと考えられます。

また、仮に重曹で駆除ができるにしても、基本的に受け身の方法であるため、卵まで含めた完全な駆除は望めません。

トコジラミの根絶を考えるならば、やはり害虫駆除の専門家を頼ることをおすすめします。

また、その際は可能な限り早く行動を起こすことが重要です。トコジラミの繁殖力は凄まじく、あっという間に数を増やし、被害を拡大させます。

戸建てであれば、まだ自分たちが苦しむだけで済みます。しかしマンションやアパート、宿泊施設などの場合は、影響が自分たちだけに留まらないリスクが。

拡大すればするほど、対処に掛かる時間もコストも大きくなります。たかが害虫と軽く考えず、迅速に対処することをおすすめします。