梅雨入り頃から要注意!トコジラミ被害が増える要因

日本の梅雨は高温多湿で、害虫が繁殖しやすい時期です。
トコジラミ(南京虫)も梅雨入りの時期から一気に繁殖し始めて被害を拡大させます。

ここでは「トコジラミ(南京虫)に刺された時の症状」と「トコジラミ(南京虫)被害が増える要因」「対処法」の3点を御紹介します。
梅雨入りが被害の拡大タイミング、と言う事はその前に駆除を始めるのがお勧めです。

トコジラミ(南京虫)の症状

トコジラミ(南京虫)に刺されると、赤い斑点と強い痒みが症状として現れます。
痒みと赤い斑点の原因はトコジラミ(南京虫)の唾液が吸血時に人間の身体に入り込み、強いアレルギー反応を引き起こすからです。

赤い斑点は1円玉程度の大きさで水膨れを作る事もあり、2週間以上も赤みが残りますし強い痒みも1~2週間続きます。
トコジラミ(南京虫)は人間や動物の血液を餌にして生息していますので、いったん屋内に入り込まれると刺されるのを防ぐ事は困難です。

またトコジラミ(南京虫)は夜間に現れ、人体で吸血しては体の別の場所へ移動していく為、体中の広範囲に渡って複数個所を刺されることになるのです。

梅雨入り頃から急増、トコジラミ(南京虫)と湿度・温度の関係

トコジラミ(南京虫)は1年を通して繁殖する害虫です。
気温25度、湿度60%以上の条件がそろえば活発になり、繁殖スピードも上昇します。

卵から成虫になるまでの期間は温度や湿度によって変わりますが、冬になっても死滅したわけではなく、気温が上昇し始める春から再び繁殖し始めます。

そして梅雨入り頃には爆発的に増加。気温25度の条件下では卵が孵化するまでに必要なのは、約5日間。
ごく短期間に増えますから、梅雨入り頃には繁殖を止める事は出来ません。

そのまま夏のピークを迎えて気温の低下とともにいったんは活動が下火になりますが、屋内で越冬することも多く、春になると繁殖を始めます。
最近は暖房器具の発達で冬の間も個体が減らないまま春を迎え、梅雨入り頃に大量発生するケースも見られます。

1年を通じて油断できない害虫です。

梅雨時のトコジラミ(南京虫)対処法

梅雨時のトコジラミ(南京虫)対処法は、大量発生する前に専門業者に駆除を依頼することです。

トコジラミ(南京虫)は明るい昼は部屋の隅や柱の隙間等に隠れて居る為に見つけにくく、最近では市販の駆除剤が効かない「スーパートコジラミ」と言う個体も出現しているので個人での駆除は非常に困難です。

早い段階でトコジラミ(南京虫)駆除の実績がある専門業者に駆除を依頼しましょう。