ネズミも仲間が傷つくのを避ける事が判明

ネズミは、自宅やビル内に発生すると駆除が非常に難しい害獣の一つです。
小さな場所にも入り込み、繁殖力も高い為にどんどん増えてしまいます。

さらに最新の研究結果では、ネズミは「仲間のネズミに危害が及ぶ行動を避ける」点まで分かってきました。
ネズミには人間に似たような「共感性」がある可能性が高いのです。

ネズミには高い「仲間への共感性」がある

自然・環境学に関する多くの記事を掲載している「ナショナルジオグラフィック」誌によれば、実験用のドブネズミに「仲間のネズミに危害が及ぶ行動」を続けさせると、やがてネズミ自身がその行動をしなくなる、と言う実験結果があるそうです。
仲間へのダメージを避ける行動には、脳の「前帯状皮質(ぜんたいじょうひしつ)」という部位が大きく関係しています。

ちなみに仲間を助けるために脳の前帯状皮質を働かせる事が出来る生き物は、今のところ人間以外に見つかっていません。
つまりネズミには人間と同じように共同体を健全に維持していく能力の一つ「高い共感性」がある事が科学的に立証されたのです。

市販の毒餌や殺鼠剤では完全なネズミ駆除は難しい

ネズミはノミやダニ、病原菌を媒介する厄介な害獣です。
ネズミ駆除のためには簡単なトラップ(罠・ネズミ捕り)や毒餌が市販されており、利用されている方も居るかと思います。

但し、これだけでネズミを完全に駆除する事は難しいでしょう。
ネズミ被害に悩む多くの都市では毒餌や殺鼠剤を使用したネズミ駆除が行われていますが、実は即効性の高い殺鼠剤は効果が高くないと言われています。

何故ならネズミは利口な動物であり、殺鼠剤入りの毒餌では少量を食べただけでもう食べるのを止めてしまうからです。
駆除効果が出る量の毒餌をすべてのネズミが食べないので、残ったネズミがたちまち繁殖して、再び被害を発生させるのです。

ネズミは繁殖力が強いので完全に駆除しきれないと、深刻な被害をもたらします。
特に都市部や住宅地では被害が深刻で、世界中が駆除に悩んでいる害獣なのです。

深刻な被害の前に専門家に依頼を

生存能力が高いネズミは、都市部では増えていく一方です。
日本のみならず世界中でネズミは増殖し続けており、病原菌を運ぶ等の多大な被害を出し続けています。

ナショナルジオグラフィックの記事にもあるように、ネズミは利口で集団を維持していくことが出来る害獣です。
市販の安易な罠やトラップ、毒餌で駆除を試みようとする前に、専門のネズミ駆除業者に依頼し、深刻な被害が出る前に早い段階で駆除をしてしまう事が非常に重要です。