実は倉庫は害虫が発生しやすい場所です

実は倉庫は害虫が発生しやすい場所です

倉庫や店舗兼住宅になっている建物は、意外と害虫が発生しやすい場所です。
気温や湿度によっては害虫が一気に増える事もあり注意が必要になります。

ここでは倉庫の害虫対策を「外部からの侵入を防ぐ方法」「内部での発生を防ぐ方法」の2点から考えてみましょう。
害虫の発生経路によって有効な対策も変わってくるのです。

倉庫・店舗兼住宅の「外」からの害虫対策

害虫の多くは倉庫や店舗兼住宅の「外」からやって来ます。効果的な対策法は次の二つです。

1.殺虫剤を使用
2.誘引灯・誘蛾灯の使用

殺虫剤を使用する場合は、倉庫や店舗兼住宅の周辺に殺虫剤を使用します。
害虫の発生源と思われる場所に殺虫剤を使う事で一定の効果が挙げられます。

ただし殺虫剤の使用だけでは十分とは言えません。
屋外における害虫の発生場所は非常に広範囲になるからです。

ですから殺虫剤と合わせて、誘引灯・誘蛾灯も併用するのがお勧め。
誘引灯・誘蛾灯で害虫を捕獲したり感電させたりして、倉庫内部へ侵入させないようにするのです。

また外部照明を専用のUVカットライトに替えるのも倉庫や店舗兼住宅の近くに虫を寄せ付けない事につながります。
専用UVカットライトは人間の目には普通の照明に見えますが、虫にとっては暗い明かりに見えるので害虫が集まりにくいのです。

倉庫・店舗兼住宅の「内」の害虫対策は湿度と温度

倉庫や店舗兼住宅の内部で害虫が発生している場合は、まず繁殖している場所を探しましょう。
屋内で発生している害虫は局所的に繁殖するので、外と違って発生場所が特定しやすいと言うメリットがあります。
多くの害虫が餌の近くで発生するので、水場などを中心に発生源の特定をしましょう。

また倉庫の場合は風通しが良くない所もあり、湿気と温度にも注意が必要です。
たとえばチョウバエやノミバエは湿気の多い場所で発生しやすい害虫。
排水溝周辺などを重点的に調べて発生場所を見つけ、殺虫剤の利用と掃除で駆除しましょう。

倉庫の害虫は早期に対策を

倉庫は換気がしにくく、害虫が発生しやすい場所です。
外部からの侵入経路を断っても、内部で発生する事が多く、いったん内部で繁殖を始めたらどんどん世代交代を繰り返していきます。
倉庫内は温度も湿度も高くて害虫の繁殖には非常に適している為に、場合によっては一気に大繁殖する事もめずらしくありません。

倉庫内部の害虫は発生が少ないうちに場所を特定して、定期的に殺虫剤を利用して大発生を未然に防ぐ事が大切です。
また害虫発生が余りにも広範囲に及んでいる場合は、専門の駆除業者への依頼も考えましょう。