布団のノミを退治する効果的な方法とは?

布団に発生したノミを退治する方法として、天日干しがよく挙げられます。しかし、これは予防手段であって、すでに発生してしまったノミへの効果は限定的。

本ページでは、ノミの生態を踏まえながら、効果的な駆除方法を網羅的に紹介したいと思います。

布団のノミを退治する主な方法

以下が、布団で繁殖したノミを退治するための代表的な方法です。

殺虫剤

一口に殺虫剤と言っても、いくつか種類があります。布団を対象とするなら、速乾性の高いスプレータイプがおすすめ。細かい使い方は製品によってことなりますが、おおよそ20〜30センチの距離で5回前後プッシュしながら、満遍なく薬剤を塗布します。

部屋全体を対象とする燻蒸剤タイプと違い、ピンポイントで直接散布できるため、より効果的にノミを退治することができるでしょう。

スチームアイロン

もしスチームアイロンを持っているなら、その熱を利用することで効果的にノミを退治することができます。殺虫剤の場合、卵や蛹への効果は限定的ですが、蒸気の熱であればそれらをまとめて処理できるからです。

ただ注意したいのは、布団の素材によっては色落ちしたり、傷んでしまう可能性があるということ。シルクなどを使った高級布団にノミが繁殖している場合は、専門のクリーニング業者に依頼するのが良いでしょう。

布団乾燥機

スチームアイロンと同じく、加熱を利用してノミの根絶を考えるなら、布団乾燥機も有効です。

低くとも60度以上に設定し、1〜2時間しっかりと温めましょう。機種によっては、ダニ駆除用の加熱モードが搭載されているものもあります。

また、布団乾燥機が手元にない場合は、コインランドリーのガス乾燥機を利用するのも手です。70〜85度前後の温度で乾燥させる上、ドラムの回転と送風により死骸や糞もある程度除去することが可能です。

粘着シート

手軽な方法としては、粘着シートが挙げられます。コロコロで能動的に駆除していく方法と、捕虫器のように配置しておくタイプの製品を使う方法があります。

ただいずれも表面的なもので、そこまで高い効果は期待できません。予防的に習慣にするか、他の手段と組み合わせる補助的なものとして、考えておくと良いでしょう。

ノミを根本的に駆除するために押さえておきたいこと

ノミは、主に猫や犬に寄生して血を吸います。吸血後は24時間以内に交尾を行い、48時間以内に卵を産み始めます。個体差がありますが、多い場合は1日に50個もの卵が生みつけられることがあります。

卵が生みつけられるのは、主に犬や猫の体毛の中です。ただ卵は楕円形で表面がつるつるしているため、必ずしも体毛の中で卵が孵るとは限りません。ペットの移動範囲に落下し、周辺に落ちている食べカスや人のアカなどを食べて成長。布団や畳の中でサナギになり、やがて成虫となって人に飛びつく、という過程を辿ることも考えられるわけです。

そのためノミを完全に駆除するためには、こうした過程を踏まえて丁寧に対処していくことが重要です。

まずはペットをケア

前述の通り、ノミのほとんどは猫や犬に寄生して家の中に入り込みます。

そのため、まずはペットを動物病院に連れて行って、寄生しているノミを除去してもらうことが大切。また動物病院では、ノミ・ダニの予防薬を注射してもらうことをおすすめします。

もし注射に抵抗がある場合は、体表に塗布するタイプの駆虫薬や飲み薬などを処方してもらうことも可能です。

ペットがいない場合は庭や床下を調査

もしペットがいないのにノミが発生している場合は、庭や床下を調べてみましょう。ノミに寄生されたネズミなどの小動物が、巣を作っているかもしれません。

そこで個体数が増えすぎたり、ネズミが死亡したりした場合、寄生していたダニやノミが栄養源を求めて住宅に侵入してくる可能性が考えられます。

もし自身で床下や庭を調べるのが不安、という場合は、専門の害虫駆除業者に依頼して、駆除を含めて調査してもらうと良いでしょう。

ノミが住みづらい環境を整え、予防に努める

ノミは、湿気が多く暗い環境を好みます。そこに食べカスや人のアカなどがあれば、住処として申し分ないでしょう。

ノミを駆除したあとは、そうした環境を作らないように心掛けることで、ノミの大繁殖を予防することができます。具体的には、隙間や障害物をなるべく減らし、整理整頓を心掛ける。掃除をこまめに行い、清潔で風通しの良い状態を保つ、というようなことです。

ちょっとした心掛けが、被害を未然に防ぎます。一度繁殖されている場合は特に用心して、予防を心掛けてみて下さい。