害虫は冬に死滅する?

虫は冬になると死んでしまう、というイメージがありますが、そんなことはありません。
昆虫にとっても寒さは生死にかかわる問題ですから、春まで耐えしのぐ方法をたくさん知っています。

そして冬に死なない害虫は、春先に大量発生する危険性もあるのです。
ここでは、「冬に死なない害虫」「冬を超えやすくなった害虫」の2点から、害虫が冬を乗り越える危険性についてご紹介しましょう。

冬に死なない個体もたくさんあります

人間とちがって虫は体温をコントロールできませんから、冬になると死滅する可能性は高いです。
冬は虫にとって生死を分ける厳しい時期ですが、多くの昆虫は「冬に死なない対策」を取っています。

たとえばテントウムシは冬の間は土の中にもぐり、木の葉などを使って巣を作って春になるまで待つ方法を取ります。
またゾウムシも大きな木の樹皮の下に入って冬を越す虫です。

これは冬眠の一種で、気温や日照時間の短縮で虫にホルモンが放出され「休眠」に入っている状態です。
「休眠」中の虫はあまり動かず、まるで死んだように見えます。

しかしこれは極端に新陳代謝を下げて、食べ物を食べなくても生き延びられるように身体を変化させているだけなのです。
そして休眠は、春になり温度が上がれば終了します。

虫たちは再び目覚めて活動をはじめ、活発に動き回って繁殖します。
虫が春になると大増殖するのは、越冬した個体+卵からかえった新しい虫がいるからなのです。

地球温暖化や温かい屋内で、越冬する

さらに最近では、地球温暖化が虫の越冬を手助けしています。
本来なら、寒さで死滅するはずの種類の昆虫が死なずに春まで生き延びたり、本来ならその土地の寒さに耐えられないはずの虫がどんどん北上したりしているのです。

反対に、寒冷地でしか生息できない虫は死滅するなど、虫全体のバランスがくずれるという傾向があります。
また屋内にすむ害虫は、暖房のおかげで容易に冬を超えます。

とくに日本の住宅内では、暖房の温かさとともに室内の湿度もあがり、害虫が住むには非常に適した環境です。
人間にとって心地よい場所は、害虫にとっても心地よい場所。
死滅するリスクの低い場所なのです。

春先の発生に備えて、自宅内・周辺の清掃を

個体差もありますが、冬の間に死滅しない虫はたくさんいます。
とくに屋内で越冬した害虫は冬のあいだも繁殖しますから、あまり数が減らないままに春を迎えて、そのまま一気に大繁殖する可能性が高いです。

「冬だから」「最近あまり虫を見ないから」と油断せずに、春の害虫発生にそなえて家の中や周囲の清掃をしておくなど、虫対策をしておきましょう。