一度害虫を駆除すればもう被害には遭わない?

発生すると本当に困る害虫・害獣。駆除したからもう安心とは言い切れません。
害虫や害獣が発生したという事は、その場所が「生息に適した環境である」という事。

いったん駆除してもまた発生する可能性があります。
ここでは「駆除後の清掃・整備」と「定期メンテナンス」を通じて、再被害に合わない方法をご紹介します。

害虫・害獣が住みにくい環境を作るのが大切です。

被害がなくなってからの清掃・整備が重要

害虫・害獣を駆除したあとは、害虫や害獣が住みにくい状態をキープすることが肝心です。
こまめな清掃や環境整備が害虫・害獣のいない環境をつくります。

例えばダニやノミなどの害虫駆除のあとは、まめに掃除をして害虫の死骸を除去しましょう。
ダニなどは駆除が終わっても、死骸などが原因でアレルギーが引き起される可能性があります。

カーペットや布団に残った害虫の死骸を念入りな掃除で除去し、同時に害虫の餌となる髪の毛やホコリも掃除しましょう。
また換気も重要です。多くの害虫は湿気を好みますから、定期的な換気で空気を入れ替えて害虫・害獣のいない環境をキープすることです。

最適なのは定期的なメンテナンスとしての駆除

こまめな掃除や環境整備をしていても、害虫・害獣の発生がゼロになるとは断言できません。
再発生のリスクを考えると、できればプロによる定期的なメンテナンスを依頼するのがお勧めです。

年に数回の定期メンテで、ゴキブリやダニ、ノミ、シロアリ、ヤスデ、ムカデなどを駆除し、衛生状態を保つ事が出来ます。
プロの駆除業者なら害虫に合わせた薬剤を使用して、効率よく駆除しますから安心です。

害虫・害獣の定期メンテナンスは一軒家だけでなくマンションなど集合住宅でも可能です。
害虫のいない環境を長く維持したいと思われるのなら、信頼のおける駆除業者にメンテナンス依頼をされてはいかがですか。

プロの駆除、清掃・環境整備、定期的なメンテナンスがお勧め

人間にとって住みよい環境は、害虫・害獣にとっても住みやすい場所です。
害虫・害獣の餌となる物を徹底的に排除し、侵入経路を断ったとしても、どこからか再び入り込んで来ます。

プロの駆除業者による徹底的な駆除の後でも、時間が経過すれば再び害虫が発生する危険性は常にあります。
プロの駆除と合わせて清掃・環境整備、定期的なメンテナンスをおこない、害虫・害獣に悩まされない生活を手に入れませんか。