綺麗な家、新築でも害虫は発生する?

新築のきれいなお家に引っ越すのはワクワクする体験です。
しかし新築とはいえ「害虫被害はない!」と断言はできません。

ダニやノミ、トコジラミなどは新築ピカピカのお家でも発生する可能性があり、大量発生すると困るシバンムシも、新築物件で多く見かける害虫です。
なぜ綺麗なお家に害虫がいるのでしょうか?

ここでは、「ダニやトコジラミ、ノミの侵入経路」と「シバンムシの侵入経路」をご紹介します。
新築のお家でも油断は禁物です。

ダニやトコジラミ、ノミなども関係なく発生

新築であっても、ダニやトコジラミ、ノミなどは関係なく入り込んできます。
マダニは自然環境のいい場所に広く生息していますし、ノミやトコジラミは人間にくっついて屋内に侵入します。

ですから新築のお家であっても、引越しの前からダニやノミ、トコジラミが生息している可能性が高いのです。
とくにノミは、ペットを屋内飼い+屋外で散歩をしている場合は要注意です。

ペットの犬や猫が、知らず知らずのうちに新築のお宅にノミを連れてくることもあります。
ペットとのお散歩ではノミが生息していそうな草むらや植栽は避けて通るようにしましょう。

帰宅後は屋内に入る前に、ペットのノミ取りブラシでブラッシングしてから入室するのもお勧めです。
トコジラミの場合は、人間の衣類やカバンのスキマにくっついて入り込みます。どれほど気を付けていても、体長が8ミリほどのトコジラミをすぐに見つけて駆除するのは困難でしょう。

念には念を入れて目視チェックをしましょう

新築でも発生するシバンムシ

ノミやダニ、トコジラミ以外にも、大量発生すると困る虫がいます。シバンムシです。
シバンムシは体調が約2~3ミリの小さな虫で、丸くてつやつやした茶色の身体をしています。

おもに屋内で生息し、乾燥食品や畳表を食べて増殖します。なかでも「タバコシバンムシ」と呼ばれるものは年に2~3回も発生し、成虫になると室内を活発に飛び回ります。
シバンムシはキッチンに保管してある小麦粉や乾燥麺類などをエサとする場合が多く、プロの駆除業者に依頼しない限り、完全な駆除が困難です。

また新築のお家の場合、建材にシバンムシが付いているケースもあるので油断ができません。

新築家屋でも虫発生前に対策を

新築のお宅での害虫被害は、害虫が卵を産んだり孵化してしまったりする前に対策をおこなうことが重要です。
大量発生した後では駆除スピードが追い付かない事態もあり得ます。

新築や綺麗なお家でも、入居前・入居時に駆除業者に調査依頼をしたり、もし発生した場合は迅速な対応・プロへの相談をお勧めします。