Amazonが害虫駆除に参入?

今や、ありとあらゆる商品・サービスがネット上で販売されています。
通販で手に入らない物はないと言えるほど充実している中、ネットショップ大手のAmazonは「住宅改修や害虫駆除サービス」の仲介サービスを始めると発表しました。

害虫駆除サービスをネットで発注できるようになるという事は、それだけ害虫について悩む人がとても増えてきたという事なのです。

顧客の必要とする「地域サービス」の一つが害虫駆除サービス

アメリカのAmazonでは「地域サービス」を仲介するビジネスを、これから立ち上げるというニュースが流れました。
既に日本のAmazonでは、野菜や果物、鮮魚、精肉などの生鮮食品を購入できる「Amazonフレッシュ」が2017年から行われており、東京都の港区、千代田区、中央区、江東区などが配送可能エリアです。

「地域サービス」ではより広範囲のサービスを念頭に置き、家屋修繕やベビーシッターなど顧客が欲しいと思うサービスを提供する業者を、Amazonがネット上で仲介していきます。
この「地域サービス」の種類の中に、害虫駆除サービスも含まれているのです。

この地域サービスは、これからアメリカの1都市で試験的にサービスを開始。
需要の確認や業務フローをチェックしつつ、いずれは全米での展開を考えているようです。

アメリカでは専門の駆除業者に依頼・対処してもらうのが一般的

それにしても、Amazonで害虫駆除サービスを依頼するほどアメリカでは害虫駆除の需要が高いのか?と不思議な気がします。
実はアメリカにおける害虫駆除はごくごく一般化しており、「ペストコントロール」と呼ばれる害虫駆除の専門業者が多数営業しているのです。

日本では自分で殺虫剤を買って対処するケースもありますが、アメリカでは圧倒的に専門の駆除業者に依頼・対処してもらう場合が多い。
それだけ害虫被害が多く、対策に困る人が多いという事なのです。

ちなみに賃貸アパートの場合は、アパートの所有者が定期的に害虫駆除業者に依頼して対応しています。
大家さんの責任範囲に害虫駆除が入っているのです。

一刻も早く害虫を駆除して安心を

専門業者による害虫駆除が広く利用されているアメリカでは、Amazonで駆除業者を探し、依頼することは不思議でも何でもありません。
駆除費用は掛かりますが、それよりも一刻も早く害虫を駆除して巣なども撤去してもらいたい、害虫のいない安心できる生活がしたいという意見が多数派です。

それくらい害虫被害は広く見られますし、害虫駆除業者の利用も簡略化したい家庭が多い為に、Amazonの地域サービスに害虫駆除サービスが含まれているのです。
アメリカと同様、日本でも今後はプロ業者による害虫駆除が一般的になってくるでしょう。