マンション共有部の害虫駆除は誰が責任を取る?

大勢の居住者がいるマンションでは、色々なトラブルが起きます。
例えばエレベーターや集会場等のマンション共用部に害虫が大量発生した場合、駆除の責任はどこにあるでしょうか。

マンション共用部の衛生管理は、大家さん・管理会社・居住者それぞれに負担が発生することもある為に、注意が必要です。

マンション共有部の害虫駆除は、基本的に大家さん責任

マンションのエレベーターや廊下、エントランスなどの共用部の害虫駆除は、基本的に大家さん・管理会社が責任を負うべきエリアです。
家主には、賃貸物件を衛生的かつ安全に住める状態に維持する責任があります。

大量の害虫発生は「住環境が劣悪になった」と見なされる事態のため、大家さん・管理会社には速やかに害虫駆除を行う責任が発生するのです。
また賃貸だけでなく分譲マンションの場合も、管理費や共用費を支払っているのなら管理組合を通して理会社に駆除対応を求める事が出来ます。

逆に管理費や共用費を支払っておらず、賃貸契約書等に「害虫駆除は居住者責任で行う事」と明記してあると管理会社に責任を問う事は難しくなります。
駆除依頼をする前に契約内容の確認をしておきましょう。

共有部分は大家さん責任・ベランダは居住者責任が一般的

ではベランダやマンションの専有庭の害虫駆除についてはどうでしょうか。
こちらは基本的に居住者の責任です。

居室のベランダや専有庭は、大家さんや分譲マンションの管理会社が「居住者に占有を許可している部分」ですから管理責任は居住者にあり、害虫駆除費用は居住者が負担します。
但しベランダや専用庭の害虫駆除に関しては例外もあります。

害虫発生の要因が明らかに物件の老朽化や欠陥によるものである場合は、大家さん・管理会社の責任とみなされるからです。
例えば賃貸物件が非常に古くて水回りの排水管等の欠陥が原因で害虫が発生しているケースでは、ベランダや専有庭内であっても大家さんや管理会社の責任となり、居住者は破損個所の修繕や害虫駆除を請求する事が出来ます。

マンションでの害虫駆除は、速やかに対応を

このようにマンションで大量に害虫が発生した場合は、駆除費用の負担を誰がするのかが大きな問題になります。
害虫の発生場所や発生要因によっては家主や管理会社が駆除を行う事になりますし、マンションの管理組合が妥当だと判断した場合は居住者が積み立てている共用費等から支払う事もあります。

いずれにせよ集合住宅での害虫発生は建物全体に被害が広がる恐れがありますので、速やかに駆除しましょう。