猫を飼ってからノミの被害に遭うように!対策方法は?

ペットとして多数飼われている猫には、ノミが寄生する事があります。
猫のノミは人間の血を吸うこともあり、刺されると強い痒みを感じます。

ここでは一般家庭で飼っている猫のノミの正体と、効果的なノミ対策をご紹介しましょう。
猫との同居では、定期的なノミ駆除が欠かせないのです。

猫に寄生する「ネコノミ」は繁殖力の強い害虫

猫に寄生するのは「ネコノミ」と呼ばれる害虫です。
猫だけでなく犬にも寄生し、動物の体表上で卵→幼虫→さなぎ→成虫の順に成長します。

「ネコノミ」は非常に繁殖力の強い害虫で一匹のネコのみが一生に産む卵は1,000個以上にもなると言われています。
さらにネコノミの主な繁殖期間は春から夏ですが、現在のように人間の住宅内で暮らしている猫に寄生しているネコノミは季節に関係なく繁殖します。

ネコノミの繁殖には気温が13度以上あれば十分な為、屋内で暮らす猫には一年中いつでもノミが大繁殖する条件が整っているのです。
一匹でも猫にネコノミが寄生してしまえば、あっという間に繁殖をして猫の血を吸うだけではなく、まれに人間の血も吸うために被害が拡大してしまいかねません。

ネコノミに刺されると強い痒みが発生

ネコノミが規制できるのは猫や犬の体表上だけですが、人間の皮膚に取り付いた場合は人間の血も吸います。
人間がネコノミに刺されると、体内でネガ・プロスタグランジンと言う物質が作られて非常に激しい痒みが発生します。

痒みは数日にわたって続くこともあり、長い場合は1か月程度も痒さに耐えなければなりません。
皮膚上に水膨れが出来る事もありますし、痒みのあまり掻き壊すことで細菌に感染する恐れもあります。

猫を飼い始めてから強い痒みを感じる事があれば、「ネコノミ」の寄生がないか動物病院で確かめてもらいましょう。

おすすめは、猫の首に垂らすタイプのノミ取り薬

ネコノミ対策として有効なのは「滴下型駆除薬剤」です。
猫の首の根元に数滴のノミ駆除剤を垂らすだけで、猫の体表上にいるネコノミを駆除する事が出来ます。

一度滴下すると約1か月ずっと駆除効果が持続しますし、さらに多くの滴下型ではマダニ駆除の効果もあるので、利便性もコスパも良好なネコノミ駆除剤です。
滴下型のノミ取り剤は効果が表れるのも早いです。

投与翌日には猫の体表上にいるネコノミを駆除する事が出来、卵も落とすこともできます。
但し、落したノミの卵がふたたび体表上に寄生することがあるので、一度ネコノミがついたら月に1回の滴下を3か月以上は継続することが大切です。