自分でできる!部屋で発生したノミの退治方法と対策

カーペットダニ

最近、部屋の中で足首から太腿にかけてよく虫に刺される…こういう場合はノミが発生しているかもしれません。
特に部屋の中で犬や猫等のペットを飼育していると、ノミが繁殖している可能性が高いのです。

ここでは、部屋の中で発生したノミの退治方法をご紹介しましょう。
ノミはペットだけでなく人間の血も吸いますし、繁殖し始めると早いスピードで増えますから早めの対策が重要です。

部屋にノミが発生すると、下肢・体幹部・腕等を刺される被害に

ノミ類は日本国内に約70種類も生息していると言われます。
主に鳥類・哺乳類から血を吸う害虫で、犬や猫等に寄生して繁殖します。

ノミはペットの散歩の時に人間の衣類に付いて屋内に入り込み、卵から幼虫になって部屋の隅の埃などを食べて成長します。
成虫のノミは体長の約200倍の高さまでジャンプすることが出来、床から30センチ程の所まで飛び上がります。

そのため、部屋の中にノミがいると足首から下腿部分はもちろん、腕や体幹部などにも痒みのある赤い湿疹や水泡が出来るのです。

ノミが発生しやすい箇所別の退治方法

では、部屋の中でどの場所にノミが発生しやすいのでしょうか。
まず屋内でペットを飼育している場合は、ソファやベッド等、日ごろからペットが寝ている場所が要注意です。

ペットが寝ている場所にはノミの卵が落ちていたり孵化したばかりの幼虫が居たりする可能性がありますから、スプレータイプのダニ駆除剤を噴霧しましょう。
畳のある和室もノミが発生しやすい場所です。こちらには畳の内部に針を差し込んで駆除剤を注入するエアゾールタイプがお勧め。

エアゾールタイプのノミ駆除剤は、畳の奥に潜んでいるノミにも効果を発揮するからです。
なお肉眼で見つけたダニについてはスプレー式の駆除剤ですぐに退治しましょう。

その時、死んだノミの個体は絶対に潰さない事が大事です。死んだノミが卵を持っていたりすると、潰された衝撃で卵が他の所へ飛んでしまい、そこでまた繁殖する事があるからです。

退治が大変なノミは予防が重要

ノミ予防のコツは、屋内に入ってしまったノミが少ないうちに駆除する事、ノミの居ない状態を維持し続ける事の2点です。
ノミは部屋の中で繁殖すると退治が困難な害虫です。繁殖する前に予防するよう心掛けましょう。

家中に念入りに掃除機をかけ、掃除機をかけ終わったら中のゴミはビニールなどで密閉してから処分しましょう。
その後も粘着式クリーナーでカーペットの上までしっかりと掃除。

カーペット繊維の奥にいるかもしれない卵や幼虫までしっかりと取り除く事が大切なのです。