トコジラミ・南京虫はどこに卵を産む?

トコジラミ・南京虫はどこに卵を産む?

トコジラミ(南京虫)は屋内で発生すると駆除が非常に難しい害虫の一つです。
ではトコジラミ(南京虫)が繁殖する時は、屋内のどの場所で卵を産むのでしょうか?

ここでは「トコジラミ(南京虫)の産卵場所」と「予防法」を御紹介しましょう。
繁殖スピードの速い害虫ですので卵を産み付けやすい場所をこまめに点検し、屋内に入り込まれていないかを確認する事が大切です。

トコジラミ(南京虫)が卵を産むのは家具や壁の隙間!

トコジラミ(南京虫)が卵を産むのは、家具の小さな割れ目や柱と壁の隙間等です。
そのほかマットレスの縫い目でもよく卵や成虫が見つかります。またベッドの木製フレームも要注意箇所です。

成虫のトコジラミ(南京虫)は昼間、壁や家具の隙間・ベッドマットレスの縫い目でじっとしています。
そして人間の寝静まった夜になると出てきて、人間の血を吸います。
トコジラミ(南京虫)の餌は血液なので、人間が近くにいて血が吸える限り繁殖は止まりません。

トコジラミのメスは、一週間に6~10個の卵を家具や壁の隙間に産み付けます。
卵は孵化すると6~8週間で成虫になり、成虫になるまでも数回の吸血をします。
つまり成虫になる前の段階から、すでにトコジラミ(南京虫)は人間に被害を及ぼす害虫なのです。

たった10日で孵化、トコジラミ(南京虫)の予防法は?

卵から幼虫へ孵化するまで約10日間というスピード繁殖のトコジラミ(南京虫)。
予防しようと思ったら何をするべきでしょうか?

まず大事なことはトコジラミ(南京虫)を自宅に持ち込まない事です。
現在は日本でもトコジラミ(南京虫)の被害が急増しています。旅行先で衣類や鞄の中にトコジラミ(南京虫)が入ってしまい、そのまま自宅へ持ち帰るケースもあります。

ですから旅先では着用した衣類を密封できるビニール袋に入れて持ち帰り、帰宅後はすぐ洗濯・乾燥機にかけましょう。
また着用しなかった衣類も念のために洗濯→乾燥機にかけると安心です。

トコジラミ(南京虫)の被害を疑うなら殺虫剤を利用

トコジラミ(南京虫)に刺されたかもと思ったら、すぐに殺虫剤で駆除を始めましょう。
殺虫剤の使用でトコジラミ(南京虫)の成体と幼虫はもちろん、卵も駆除出来ると言われています。
トコジラミ(南京虫)の卵は殺虫剤の影響を受けやすく、薬剤を浴びた卵は孵化しないからです。

とはいえ、きちんと駆除できているか心配であったり、殺虫剤を使ってもトコジラミ(南京虫)に刺される事が続いたりする場合は専門家に連絡を取り、駆除を依頼するのがお勧めです。