ペットショップも定期的な害虫駆除が必要?

ペットショップも定期的な害虫駆除が必要?

ペットショップでは犬や猫、鳥等の小動物が多数飼育されています。
ショップ運営においては何よりも清潔が重要視され、同時に害虫の発生を防ぐ事も重要です。

ここでは「ペットショップにノミ・ダニ等の害虫が居る可能性」「ペットショップにおけるノミ・ダニ蚊等の害虫駆除方法」を御紹介します。
お客様にとっても、ペットショップに入ってまず気になるのが清潔感だと言います。
より良いショップ運営の為にも、定期的にペットショップ内の害虫駆除を行いましょう。

犬・猫がいるペットショップにはノミやダニが居る可能性

ノミやダニ等の害虫は、どれほど清潔を心がけても発生してしまう可能性があります。
特にペットショップには犬や猫等の小動物が多数飼育されており、ノミやダニが繁殖しやすい環境です。

ケージ内の掃除をこまめに行い、清潔な状態を維持していても、不特定多数のお客様と接触したり多くの動物が集まって暮らしていたりする以上、ノミ・ダニ・蚊等の害虫の発生を完全に抑えるのは非常に難しい事だと言えます。
清潔維持の為には、店内フロアの清掃はもちろん、ペットが生活するケージやショーケース内等は定期的に害虫駆除を行うのがお勧めです。

ペットショップのノミ・ダニ・蚊の害虫駆除

ペットショップ内のノミ・ダニ・蚊等の駆除では、殺虫剤を広範囲に噴霧・散布するような駆除方法は向いていません。
何故ならショップ内に居る犬や猫等が殺虫剤で悪影響を受けてはいけないからです。
その為、薬剤だけに頼らずペットと環境に優しい駆除方法で行う必要があります。

たとえばノミやダニ駆除の場合は必要な場所に必要な量だけ薬剤を散布し、駆除後に徹底的な清掃も行ってノミやダニの死骸及び卵まで除去するのが基本です。
蚊には刺激臭の少ない専用の殺虫剤を使用し、業務時間内も駆除効果が続くようにしましょう。

また蚊対策には、専用の駆除器で蚊を誘引して吸引捕獲する方法もあります。
蚊専用の駆除器は薬剤を使わずに駆除が出来るので、犬や猫が居る場所でも安心して駆除出来るのが大きな利点です。
このように定期的な害虫駆除を継続する事によって、ペットショップ内の害虫被害は減少して行く事になります。

冬になってもノミ・ダニは定期的な駆除を

ノミやダニ等の害虫は、冬になっても数が減るとは限りません。
特にペットショップのように、冬の間も温かく快適な環境を維持している場所ではノミもダニも繁殖スピードが落ちません。
従って、一年を通じて定期的な害虫駆除を行う必要があります。

大事な子犬や子猫を扱うペットショップだからこそ、ノミやダニ、蚊は徹底的に駆除しましょう。