フローリングならダニ、ノミの心配はない?

刺されると強い痒みのあるダニ・ノミ。一般的にダニは布団やカーペット、布製のソファ等で生息・繁殖します。
では木材であるフローリングの床なら、ダニやノミの心配はないのでしょうか。

ここでは、フローリングにダニやノミが少ない理由や、フローリングの床でも注意すべき駆除ポイントや繁殖予防の方法について御説明しましょう。
フローリングであってもダニやノミの発生リスクはゼロではありません。やはり駆除と予防が必要なのです。

フローリングにダニ・ノミが少ないといわれる理由

ダニやノミは、どんな家庭でも発生しているといわれる害虫です。
一般的に、ダニは餌となる人間の垢やフケやほこりがたまりやすい寝具・布のソファ・カーペット等に多数生息していますが、フローリングの上にも存在しています。

生きているダニだけでなく、ダニの死骸や糞にも要注意。
フローリング上に落ちているダニの死骸や糞はアレルギーの原因になります。定期的な掃除で除去し、アレルギーの原因を減らすようにしましょう。

また屋外から入ってきたダニやペットについたノミ等がいつのまにか室内の布製品の上で繁殖してフローリング上を移動することもある為、フローリングでもダニ・ノミ対策を忘れないようにしましょう。

ジョイントマットやソファ下で繁殖するダニ・ノミの駆除方法

フローリングであっても、その上にジョイントマットを敷いてある場合は要注意です。
マットの下でノミやダニが繁殖していることもありますし、マットのつなぎ目も危険です。

ホコリのたまりやすい場所がダニの繁殖場所なので、市販のダニ・ノミ駆除薬を散布して駆除を行いましょう。
ノミの場合は、ペットがよく寝ている場所が注意スポット。ノミの卵や幼虫がすでに発生している可能性がありますので、念入りに駆除すべき場所です。

またカーペットなどをはがして薬剤を散布する場合は、フローリングに散布した薬剤を掃除機で吸い取る必要がないタイプが多いです。
使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

フローリング上でダニ・ノミを発生させないコツ

屋内に生息するダニ類はほとんどの家庭で季節に関わらず生息していますが、肉眼で見えるサイズではない為、掃除と定期的なダニ・ノミ駆除が予防に効果的です。
フローリング上ではダニもノミも繁殖しにくいため、最初から発生させなければ大繁殖する可能性は低くなります。

屋内の布製品を中心としてマットやソファ、家具類の下の埃をこまめに掃除するのが最大の予防策です。
同時に換気も行いましょう。