フローリングならダニ、ノミの心配はない?

刺されると強い痒みのあるダニ・ノミ。一般的にダニは布団やカーペット、布製のソファ等で生息・繁殖します。
では木材であるフローリングの床なら、ダニやノミの心配はないのでしょうか。

ここでは、フローリングにダニやノミが少ない理由や、フローリングの床でも注意すべき駆除ポイントや繁殖予防の方法について御説明しましょう。
フローリングであってもダニやノミの発生リスクはゼロではありません。やはり駆除と予防が必要なのです。

フローリングにダニ・ノミが少ないといわれる理由

ダニやノミは、どんな家庭でも発生しているといわれる害虫です。
一般的に、ダニは餌となる人間の垢やフケやほこりがたまりやすい寝具・布のソファ・カーペット等に多数生息していますが、フローリングの上にも存在しています。

生きているダニだけでなく、ダニの死骸や糞にも要注意。
フローリング上に落ちているダニの死骸や糞はアレルギーの原因になります。定期的な掃除で除去し、アレルギーの原因を減らすようにしましょう。

また屋外から入ってきたダニやペットについたノミ等がいつのまにか室内の布製品の上で繁殖してフローリング上を移動することもある為、フローリングでもダニ・ノミ対策を忘れないようにしましょう。

ジョイントマットやソファ下で繁殖するダニ・ノミの駆除方法

フローリングであっても、その上にジョイントマットを敷いてある場合は要注意です。
マットの下でノミやダニが繁殖していることもありますし、マットのつなぎ目も危険です。

ホコリのたまりやすい場所がダニの繁殖場所なので、市販のダニ・ノミ駆除薬を散布して駆除を行いましょう。
ノミの場合は、ペットがよく寝ている場所が注意スポット。ノミの卵や幼虫がすでに発生している可能性がありますので、念入りに駆除すべき場所です。

またカーペットなどをはがして薬剤を散布する場合は、フローリングに散布した薬剤を掃除機で吸い取る必要がないタイプが多いです。
使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

フローリング上でダニ・ノミを発生させないコツ

屋内に生息するダニ類はほとんどの家庭で季節に関わらず生息していますが、肉眼で見えるサイズではない為、掃除と定期的なダニ・ノミ駆除が予防に効果的です。
フローリング上ではダニもノミも繁殖しにくいため、最初から発生させなければ大繁殖する可能性は低くなります。

屋内の布製品を中心としてマットやソファ、家具類の下の埃をこまめに掃除するのが最大の予防策です。
同時に換気も行いましょう。

そもそもダニ・ノミはどこからくる?

ダニは、屋外から人の衣類やバッグ、靴、ペットの毛などに付着して家の中に侵入し、繁殖します。たとえば外出先で座ったソファや、電車やバスの座席などから付着して、家の中に持ち込まれてしまうのです。

ノミは、ほとんどの場合、犬や猫などのペットを介して家の中に入り込みます。散歩に出かけた際にノミに寄生され、気がつかずに放置していると、ノミは卵を産み、ホコリなどを餌にして繁殖します。

また、ペットを飼っていない場合でも注意が必要。ネズミやハクビシンなどの害獣が屋根裏や軒下に住み着いている家では、それらの害獣に寄生してノミが大量発生してしまう可能性があります。

フローリング以外にノミ・ダニが発生しやすい場所とは

フローリングにダニやノミが生息していた場合、家の中の他の場所にも被害が及んでいることも。もしかすると、発生源は別のところにあり、より大きな被害が出ている可能性も否めません。

家の中でノミやダニを見つけたら、以下の場所もチェックしてみましょう。

ベッドや布団

ベッドや布団は特にダニが発生しやすい場所です。エサとなる人間のフケや垢があることはもちろん、湿気がたまりやすい場所でもあるため、ダニにとっては最高の生息場所なのです。

予防するためには、こまめにシーツを洗う、布団乾燥機を使う、天日干しを行うなどして、できるだけ清潔な状態を保つことが効果的です。

ソファ

ソファはベッドと同じく、ダニのエサが豊富。またソファにはお菓子の食べこぼしなどが落ちていることが多く、ダニの発生しやすい場所といえます。

ダニを予防するためには、こまめな掃除が重要。ソファの上では食べ物を食べないルールを設けると良いですね。ソファは、できるだけカバーを外して丸洗いできるものを選ぶのがおすすめです。

ぬいぐるみ

小さなお子さんが触れるぬいぐるみには、よだれや食べカスなどが付着してしまいがち。目には汚れているように見えなくても、実は中にダニが潜んでいる可能性があります。

お子さんが触れるものですから、こまめに丸洗いをして清潔な状態を保ちましょう。洗えないものは、掃除機で掃除をしたり、天日干しをするのが有効です。

家具の隙間

ノミは、部屋の隅など湿気が多く暗い場所を好みます。箪笥やテレビ台、キャビネットの裏や下など、普段あまり目の届かない場所に発生している可能性があるため注意しましょう。家具の隙間はホコリがたまりやすいため、ダニの発生しやすい場所でもあります。

つい後回しにしてしまいがちな場所ですが、普段から掃除機の隙間ノズルなどを使ってしっかり掃除をするようにしましょう。

畳は、ダニのエサとなるフケ、垢、ホコリ、食べカスが豊富。しかも畳には細かい隙間があるため、ダニやノミが隠れやすいのです。

エサを取り除くよう毎日掃除機をかけることはもちろん、2週間に1度程度は雑巾を固く絞って拭き掃除をするのがおすすめです。また、定期的に畳を上げて下の汚れやカビなどを取り除きましょう。

家の中で発生した害虫は害虫駆除業者へ

害虫が発生した際、一番大切なのは根絶させるということ。ダニやノミはとても小さく目に見えにくいため、一見駆除できたように見えても、時間が経つとまた大量に発生してしまうことも少なくありません。

市販の殺虫剤などを使うのもひとつの手ですが、この先安心して暮らすためには害虫駆除業者への依頼がおすすめです。

害虫駆除業者のプロテクトオールでは、関東全域のご依頼に対応しています。こちらのページでサービスの詳細をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。