布団に潜むダニ対策。外干しだけでは不十分

ダニは布団やベッドマットレス等の寝具類に多く生息している害虫です。
ダニ対策として定期的に布団干しを行っているご家庭もあるでしょう。

ここでは簡単なダニ退治法として、布団乾燥機を使用する方法を御紹介します。
定番の布団干しだけではダニ退治に大きな効果が出るとは言えません。布団干しと合わせて、50℃以上の熱を長時間当て続ける必要があるのです。

布団のダニを効率的、効果的に駆除する方法

布団のダニ退治に効果があるといわれるのは「布団乾燥機」。
中には「ダニ対策コース」付きの機種があるので、自宅でのダニ退治に利用しましょう。
「ダニ対策コース」で乾燥させれば、50℃以上の熱で約30分の加熱が出来ます。布団の中に居るダニの多くを死滅させる事が出来るでしょう。

布団乾燥機でダニ退治をする場合は、敷き布団と掛布団の間にマットを挟み、熱風が逃げないようにして行うのがコツです。
また片面の加熱が終わったら、布団をひっくり返して残りの片面も同じように加熱するのがポイント。
そして加熱が終わったら掃除機で布団の両面をしっかりと掃除しましょう。

なお、ダニ退治にヘアドライヤーを利用するという意見もありますが、布団の表面積の広さを考えるとかなり困難な方法です。
ドライヤーの熱風は平均温度100~120℃あり、ダニ退治が出来る温度ですが、ドライヤーでは一度に熱風を当てられる面積が狭いので布団全体のダニ退治には向いていないのです。

天日干しをするなら黒い袋に入れて高い内部温度を維持

では、布団の外干しはダニ退治に効果はないのでしょうか?

布団を外干しするだけでも寝具の乾燥には十分な効果があります。布団を天日干しすることで布団の内部に籠った湿気が抜けるからです。
ダニは湿気の多い場所が大好きなので、布団内部が乾燥することでダニ予防が期待できます。

また黒い袋に布団を入れ、車のボンネットなど高温になる場所に置いておくことで、布団内部の温度を50℃以上にする事もできます。
この場合、途中で布団を黒い袋ごとひっくり返す事が大切です。

天日干しを終えた後も、布団の両面に掃除機をかけるのをお忘れなく。

ダニの死骸は生きているダニの餌になったりアレルギーの原因になったりしますので、加熱でダニ退治をした後は、必ず掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。
またカバーやシーツ類は週1回の頻度で洗濯→コインランドリーで高温乾燥させるのがお勧めです。

布団のダニ駆除の頻度

ダニ退治を行う頻度は、加熱処理を3カ月に1回程度、掃除機をかけるのは週に1回程度でいいでしょう。
生きているダニを退治して、死骸と糞をしっかり除去するのが重要なのです。