新型コロナ禍でネズミ大量発生

新型コロナ渦においては、多数の想定外の事態が起きました。
飲食店の営業自粛もその一つ。そして飲食店の休業が長引くにつれて、街中でネズミの大群が見られるようになりました。

ここではコロナ渦によって起きた「ネズミの大量発生の原因」と「ノミ被害の増加」について御説明しましょう。
コロナウイルスの感染状況次第で、飲食店は営業再開する事になります。再開に向けて、事前にネズミや害虫対策をしておきましょう。

新型コロナ渦で飲食店のネズミが大量発生

新型コロナの感染防止策の一つとして、飲食店の営業自粛が行われました。
しかし多くの飲食店が休業した為にそれまで飲食店のゴミを食べていたネズミの餌が無くなってしまうという事態に。
大量のネズミが街中で餌を探している姿が見られるようになったのです。

ネズミは基本的に夜行性の為、昼間はじっと隠れて、夜になると外へ出て餌を探し始めます。
こういったネズミは数十匹の単位で群れを作り、人間が居る場所にも出て来ています。
通常、ネズミは用心深い性質で人間が居る場所には現れないのですが、空腹のあまり警戒心が薄れて、人が多い場所でも出現して発見されているのです。

ネズミはダニ・ノミの温床

コロナ渦のネズミ大量発生が原因で、人間のノミ被害も増加しつつあります。

餌を求めているネズミは広範囲に移動します。
そのため、これまで屋外でネズミを見かけたことの無かった場所にも居て、散歩中の飼い犬や、外に出ている飼い猫等と接触。
ネズミからノミを移された犬や猫が自宅に帰り、飼い主にノミを移すという被害も発生しているのです。

ネズミの体には多数のダニやノミが寄生しています。
人間の血を吸う「イエダニ」もそうですし、そのほかのダニやノミも付いており、飼い犬や猫に移ると深刻な被害が発生します。

ちなみにノミが活動を開始する気温は13~15℃以上といわれています。
現在の家屋は気密化が進み、冬でもノミの活動に適した温度になっている為、外からやって来たノミは元気に活動し、屋内で繁殖します。

コロナ渦のネズミ大量発生は、思わぬ場所にまで深刻な影響を及ぼす事態なのです。

営業再開の準備としてのネズミ対策

このような状況を踏まえて、飲食店の営業再開準備はどのようにしたらいいのでしょうか。

まずはネズミの餌場と思われる場所に殺鼠剤を設置。殺鼠剤はネズミ被害のあった場所や、ネズミを見かけた場所を中心に複数設置します。
ネズミ駆除はネズミの食欲が増す秋から冬がベストタイミング。

徹底的な駆除を行いたければ、秋から冬にかけて専門業者にネズミ駆除を依頼しましょう。