冬でも急増!見えないところにも害虫は潜んでいます

ゴキブリやムカデ、ガなどなど、身近な害虫はたくさんいます。
冬の間はあまり見かけないので、ほっと安心しているかもしれませんが、じつは見えないところで冬を越しています。

目にしない時でも、身近にひそんでいるのが害虫なのです。

土の中や落ち葉の下で、越冬する害虫

多くの虫は、春から夏にかけて増加します。
秋になり、冬になって気温が低くなれば、虫にとっても厳しい季節が始まります。

屋外でもムカデやヤスデなどの害虫を見かけることが少なくなると、正直なところ、ほっとするもの。
しかし見えないからと言って油断するのは禁物です。

春から夏にかけて増えた害虫は、冬の間土の中や落ち葉の下でじっとしています。
冷たい風や雨をよけてひそみ、寒さを乗り越えているのです。

もちろん、すべての害虫が冬を越せるわけではありませんが、一定数の虫は冬の寒さと乾燥を乗り越えて、春にまた卵を産み、一気に増殖していくのです。

越冬しやすい環境も増加

さらに、最近は虫に取って生息しやすい環境が増えてきました。
近年の高断熱・高気密などの住環境の変化から、戸建からマンション、賃貸アパートなどの非常に多くの住居が一度侵入を許せば年中快適な環境の中で害虫を飼育してしまうほど快適な場所になっています。

人間が住みやすい場所は害虫にとっても生育に適した場所です。
そのため、害虫は屋内に入り込み、冬を越そうとするのです。

冬の駆除が、春の増加の防止策

このように、冬の害虫は決していなくなったわけではありません。
人間の眼に触れないところで生き延びているので、見かけたらすぐに駆除するのが大切です。

多くの害虫が冬に死んでしまうとイメージされる方も多いですが、死なない個体も非常に多いのです。
数が減りやすい冬の時こそ、駆除のタイミングでもあります。
お庭や屋内で害虫を見たら、徹底して駆除する。

姿を見かけなくても、予防策として定期的に駆除をすることで、春の発生量を減らすことも可能です。
冬の害虫駆除こそが、春からの生活を楽にしてくれます。

不安を感じたなら無料調査依頼

夏に一度害虫が発生し冬に沈静化した場合、「居なくなった」、「死んだ」、「夏しか出ない」と考える方が非常に多いですが、実はこれがとても大きな勘違いです。

どんな季節であろうと、上述のように害虫からすれば年中快適である場合が多く、冬になり活動が弱まる場合がありますが死なない個体も相当数います。
高気密・暖房・加湿器などが組み合わされば梅雨時期と同じような環境を作り出してしまい、かえって増殖を冬時期にも関わらず促進してしまうケースも数多く存在します。

家庭内で害虫を見たことがある・無いに関わらず、少しでも不安を感じた時点で無料調査依頼をされることを推奨いたします。