クモが苦手な人は午後7:35分に家に居ないほうが良い?

身体から脚が8本も出ているクモ。
クモが苦手な人はとても多く、自宅で見たくない虫の一つです。

イギリスの研究では、クモが自宅で目撃されるのは「午後7時35分」が最も多いという調査結果が出ました。
クモが嫌いな人は、この時間には自宅に居ない方が良いようです。

午後7時35分は雄クモが目撃されやすい時間

イギリスにあるグロスターシャー大学(University of Gloucestershire)の昆虫学者、アダム・ハート教授は、イギリス国内250か所以上から1万件以上のデータを集めて、最もクモが目撃された時間を導き出しました。
魔の時間は「午後7時35分」です。さらに研究からは、目撃されたクモの約8割が雄クモだとわかっています。

クモの雌は天井やドア、窓の側に巣を張っているため人目につきにくく、外から入ってきてうろうろと移動する雄クモのほうが見つかりやすいのです。
特にクモの繁殖期ピークである9月中旬から10月第1週までが最も目撃されやすい時期。

但し、この時期はイギリス国内の繁殖期ピークであって、日本ではまたピーク時期が異なると思われます。

清潔・整理整頓・まめな掃除がクモを見ないようにするコツ

クモが怖いと言う人は、世界中に居ます。
ある昆虫学者が仲間の昆虫学者41人にアンケートを取ったところ、多くの回答が「クモは嫌い」でした。

中には本格的な「クモ恐怖症」の人もいて、子供時代にクモとの恐怖体験があると、よりクモ嫌いになりやすいようです。
しかしクモは非常に身近にいる生き物。

屋外はもちろん、屋内で見かける事も珍しくありません。
クモに遭遇したくない場合は自宅内を清潔にして、ドアや窓などクモの侵入経路になりそうな場所は閉じておく事が大事です。

多数の物が雑然と積み重なり埃だらけの部屋では、暗い場所が大好きなクモの絶好の隠れ家になってしまいます。
清潔・整理整頓・まめな掃除がクモを見ないようにするコツです。

クモの餌となる害虫が自宅内に生息していると言う事

しかしどれだけの対策を施しても、クモを家から追い払うことが出来ない事があります。
その場合は、自宅内にいる害虫がクモだけではない可能性を考えましょう。クモ自体は害虫ではなく、むしろ害虫を食べてくれる益虫です。

自宅内でよくクモを見かけるという事は、クモの餌となる害虫が自宅内に生息していると言う事なのです。
怖くて嫌いなクモを我慢しながら暮らすのは、大きなストレスにもなります。

クモが怖い、害虫と同居したくないと言う場合は、専門の害虫駆除業者に相談してみるのがお勧めです。