ゴキブリが1匹いたら何匹いる?発生元別の駆除方法

お家に居ると嫌な害虫の代表選手「ゴキブリ」。
ゴキブリは屋内で一匹見かけたら、大量に生息している可能性が高いと言われます。

ここでは「ゴキブリが繁殖しやすい理由」とあわせて「発生箇所別の対策方法」を解説しましょう。
ゴキブリは繁殖力も生命力も強い害虫。

見かけたら徹底的に駆除するのが重要なのです。

一匹のゴキブリの背後には、沢山の仲間が居る

「ゴキブリを一匹見かけたら千匹居ると思え」という言葉もあります。
千匹は大袈裟かもしれませんが、1匹以上のゴキブリが屋内に生息している可能性は非常に高いです。

ゴキブリは生命力が強く、約3億年前から姿がほぼ変わっていない昆虫です。
また繁殖力が非常に高く、メスはよほどの低温にならない限り生涯にわたって卵を産み続けます。

卵は通常 20〜40数日で孵化して幼虫になり、脱皮を繰り返して成虫となります。
そして秋になると成虫が卵を産むと言うサイクルを繰り返しているのです。

従来は、秋に生まれた卵の多くが低温のために越冬が出来なかったのですが、今は屋内の暖房の普及によって一年中いつでも生息・繁殖するようになりました。
活動が止まる時期がないために一匹のゴキブリの背後には沢山の仲間が居ると考えられているのです。

台所・ゴミ捨て場のゴキブリ対策

ゴキブリをよく見かける代表的な場所は、台所とゴミ捨て場です。
台所周辺のゴキブリ対策としては、残飯や食品屑を放置しない事が挙げられます。

ゴキブリは残飯などを好んで食べるので、餌をなくすためにも台所のゴミはすぐに蓋付きのゴミ箱に入れて処分しましょう。
ゴミ箱に蓋をするのは、夜間にゴキブリがゴミ箱に侵入するのと防ぐためです。

またホウ酸団子を置く事も効果的な対策。
ホウ酸団子を食べるとゴキブリは脱水症状を起こすので非常に有効です。

しかし小さな子供さんがいるご家庭では誤食のないように設置場所に注意しましょう。

風呂場のゴキブリ対策

風呂場もゴキブリが発生しやすい場所。
対策としては、見つけたらすぐに殺虫スプレーで弱らせ、動けなくなったところを紙等に包んでビニール袋に入れて封をしてから捨てる事です。

殺虫スプレーをかけるとゴキブリは動きが弱くなり、物陰や隅に逃げてしまう事もあります。
しかしそのまま放置しておくと後に卵を産んでから死ぬこともある為、最後まで処分する事もお忘れなく。

また風呂場や水回りのどこかに潜んでいるゴキブリ対策には毒餌剤であるベイト剤の設置がお勧め。
風呂場は水がかかるのでベイト剤を置きにくいと言う場合は、入浴時だけベイト剤を他の場所へ移動し、入浴後に再び浴室内に設置しましょう。