飲食店に朗報!強力なコバエ対策

飲食店に朗報!強力なコバエ対策

飲食店へやってくるお客様にとっては、味はもちろん「店内の清潔さ」も重要なポイントです。
例えば、コバエが発生してテーブル周囲に飛び回るようでは、店内の他の場所を清潔に保っていても大きなイメージダウンになります。

ここでは「飲食店におけるコバエ被害」「コバエ(チョウバエ・クロバネキノコバエ等)の駆除方法」を御紹介しましょう。
コバエは種類が多く、種類ごとに適切な駆除を行う必要があります。
徹底的にコバエ駆除をしたいのなら、プロによる駆除がお勧めです。

お客様の嫌がるコバエは飲食店にとって大きなダメージ

コバエは食材や食品を餌にしていますから、飲食店で発生しやすい害虫の一つです。
しかし清潔が重要視される飲食店ではコバエは徹底的に駆除したい害虫。

コバエがお客様の目につきやすい場所に発生すると店のイメージダウンにつながり、風評被害も大きくなります。
最近ではSNSでの画像発信・拡散等によって、たちまち甚大な風評被害が起きる事もめずらしくありません。

コバエの発生は飲食店の売り上げに直結しますし、最悪の場合は衛生状況不良ということで行政による指導が入る可能性も考えられます。
コバエはすぐに駆除すべき害虫なのです。

ショウジョウバエ・チョウバエ・クロバネキノコバエ・キノコバエ、多様なハエを発生場所ごとに駆除

「コバエ」は小さなハエの総称です。
ショウジョウバエやキノコバエ、ノミバエ、チョウバエ等をまとめて指す言葉ですが、実はハエの種類ごとに発生する場所が異なります。

例えばショウジョウバエは生ごみ付近に発生するハエです。
腐敗した果実を始め、食品につく事が多いため厨房で繁殖しやすいコバエです。

チョウバエは、ぬめりのある水が溜まっている場所に発生します。
飲食店で言うとグリストラップや厨房の冷蔵庫のドレン排水等が発生しやすい場所。
腐敗した水分が餌にしているので、チョウバエが繁殖する=排水環境が悪化している証拠です。

またクロバネキノコバエは暖冬の時に大発生する傾向があると言われており、年によって特に注意が必要な害虫です。

コバエは発生源から駆除する事が必要

このようにコバエは種類ごとに発生場所が違うため、駆除する場合はハエの種類の特定と適正な駆除方法の選択が必要です。
目の前で飛んでいるコバエだけを駆除していても、根源であるコバエの巣を駆除する事が出来なければ、駆除効果は継続しません。

コバエの根絶をしたいなら、専門家への駆除依頼を検討しませんか。
巣から根絶やしにして、さらにコバエ発生の予防法までアドバイスしてくれる専門家を選ぶと安心でしょう。