クラスターを発生させないコロナ対策[お店・事務所・工場]

クラスターを発生させないコロナ対策[お店・事務所・工場]

やはり日本にもやって来た第二波の新型コロナウイルス。
まだワクチンも開発中で特効薬もない状況の中、人が集まるお店や事務所・工場ではクラスターを発生させない事が重要になってきます。

今回は、具体的なクラスター対策を「お店・飲食店」「事務所・工場」の2パターンに分けて説明しましょう。
どちらも人の密集を避け、定期的に換気をするのが基本ですが、他にもしておくべきポイントがあるのです。

コロナウイルスのクラスター対策:お店・飲食店

不特定多数のお客様が来るお店や飲食店では「三密を避ける」事が重要です。
具体的には以下の4点に注意しましょう

1.来客数が多くなり、密集状態が避けられなくなる前に、適切な入場制限を行う
2.お客様と従業員との間で不要な接触を避けるため、電子決済の利用を推奨する
3.物販を行う場合は、不特定多数が触れるサンプル、見本品は置かない
4.飲食店では大皿から同じ箸やトングで取り分けるのを避け、1人ずつの皿での提供とする

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染が主な感染ルートだと言われています。
その為、多くのお客様が訪れるお店や飲食店の場合は、「密を避ける」「お客様と従業員の間で不必要な接触を避ける」ことがクラスター発生の予防になります。

コロナウイルスのクラスター対策:事務所・工場

大勢の従業員が長時間にわたって同じ場所で勤務する事務所や工場では「換気」「消毒」が重要です。
具体的には以下の4点に注意しましょう。

1.事務所・工場内が密閉空間にならないよう、定期的に換気を行う
2.大勢の従業員が近距離で会話・発生しないよう、社内行事を見直す
3.対面での会議では、最低でも2メートルの距離をあける。必要に応じて会議室にアクリル板、透明ビニールカーテンを設置する
4.テレワーク、時差通勤を推奨し、勤務時間及び通勤中の感染予防に努める

事務所・工場内の換気が「機械換気」の場合は、ビル管理法令上の空気環境基準に達しているかどうか、確認しておくのがお勧めです。
またテレワークや時差出勤を推進し、従業員の事務所・工場での勤務時間が重ならないように工夫する事も重要です。

手洗い・消毒・換気と密を避けるのが基本

新型コロナウイルスの感染予防は、手洗い・消毒・換気が基本です。
一定の場所に人が密集するのを避け、定期的に換気を行って感染リスクを下げるよう心掛けましょう。
また万が一、店内・社内で感染者が発生した場合は、速やかに所定の保健所等へ連絡を行い、専門家に相談する事も大規模クラスターの予防に繋がります。