コロナ感染者が出た店舗・オフィスを徹底的に消毒するサービス

新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、日本でもこれまで以上にオフィスの消毒が必須となりました。
そこで今回は店舗やオフィスでコロナ感染者が出た場合に、どのような消毒をすべきかご紹介しましょう。

コロナ感染は店舗や企業経営の存続にも大きくかかわります。
感染者が出た後はもちろん、その前から消毒をしてコロナ対策をしておくのが重要なのです。

コロナ感染者が出た場合の対応

万が一、店舗やオフィスでコロナ感染者が出た場合は、除菌や消毒の専門家に依頼して屋内の徹底消毒を行いましょう。
店内・オフィス内に消毒用エタノールや次亜塩素酸等の薬剤を噴霧し、人の手が触れる場所は拭き上げ消毒。
薬剤噴霧で大きな空間の除菌を行い、手作業による拭き上げ作業で身体が触れる場所も徹底消毒することで、新しい感染のリスクを断つのが目的です。

ここまで徹底的に消毒をするのは、企業には社会に対する責任と、雇用している人の安全を配慮する義務があるからです。
企業は労働者の健康を保護する義務があるとされており、オフィス内のコロナ対策は企業の責任でもあるのです。

コロナ感染者が出た場合の金銭的な被害

どれほど気を付けていても新型コロナウイルスに感染する可能性はあります。
従業員から感染者が出た場合は金銭的な損害も考慮に入れねばなりません。

例えば職場内で新型コロナウイルス感染者が出た場合、保健所の指導に従って業務を休業することになります。
これは法律で定められたものではありませんが、感染者が出た場合は所属する事業所全体に休業するよう指導されることが多いようです。

感染防止の為とはいえ通常業務は止まりますし、店舗の場合は休業中の売り上げがありません。
また飲食店の場合は徹底消毒後も、風評被害の為に売上がゼロになる事も考えられます。サービス業以外の業種でも、製品等の供給が断絶することによって取引関係へ悪影響を及ぼすことがあります。

店舗やオフィスからコロナ感染者が出る事は多大な金銭的被害が発生する事に結びつきます。
近隣エリアに感染者が少ない状況でも油断せず、常に感染予防に努めましょう

感染者の有無にかかわらず、対策は必須

感染者が出た後のダメージを防ぐには、普段から徹底した消毒や除菌を行う事が重要です。
現状では感染者が出ていなくても、感染リスク軽減のために定期的な除菌や清掃を専門家に依頼するようにしましょう。
企業の為にも社会の為にも、従業員の為にも、安心できる環境作りが必要でしょう。